アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

養成塾の第6回目は、恐らく塾生が最も苦手(笑)、私が最も得意とする共用部の電気料金の削減コンサルティングがテーマです。
最初のスライドをいくつか紹介。
省エネ1 省エネ2 省エネ3 省エネ4 省エネ5

電力会社時代は、営業所で電力契約の窓口を担当し、本店では、営業部で契約メニューの策定にも関わってきたので、この分野では、相当なノウハウがあります。

まずは、電気の契約には、どんな種類があるのか?電気料金はどんな構成なのか?単価は?と言う基礎知識。

次に、マンションの共用部の電力契約の把握の仕方、調査・計測の方法、そこからの分析手法。

気象庁のデータも活用します。

電灯契約にあっては、365日分の電力負荷カーブを割り出し、そのマンションに最適=最安値となる電力契約を選定し、実際にどれくらい下がるのかを試算します。

LED化する際には、「平均的にこうなる」と言う粗い計算ではなく、各機器単位で、点灯時間を元に計算。更には、現在の照明配置や点灯回路の見直しも行います。

動力にあっては、各機器を強制運転して、電流値と稼働時間を計測します。

最後に、この複雑な一連の内容をどのように住民に伝えるかのストーリーの組立て。

相当タフな内容を3時間で説明。

これから、新電力の契約メニューも増えてくる中、常にこの分野での№1を目指していきます。

【ブログ3078日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック