アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

土曜日に、岐阜市内の40戸のマンションで、臨時総会でした。

5月のセミナーに参加され、当社の考え方に共感いただき、6月終わりに住民向け勉強会を開催。

そして、今回の臨時総会となりました。

今回のコンサルティグ契約は、次の通り。
1、大規模修繕工事準備コンサルティング
   建物診断+概算予算作成+修繕工事時期判定+定借超長期修繕計画の作成
2、管理見直しコンサルティング
3、顧問業務

10年目なので、まだ、大規模修繕工事には早いですが、10年の瑕疵担保責任として追及すべき項目があるかないかの調査と行い、大規模修繕工事の実施時期を見定めることは、非常に重要です。

大規模修繕工事に際し、ようやく建物の全容をわかった時には、既に、10年を過ぎていて、「これはもしかしたら新築時の瑕疵又は施工不良ではないか」を追及することが、非常に難しくなります。

その意味では、この10年過ぎる時期の前後に、当社がコンサルティングに入ることは、非常に大きなメリットがあります。

ところで、今回、私の勉強会参加が2回目になる人もいますが、総会に出席して、初めて話を聞かれる人もおられますので、最初に1時間の勉強会を開催します。

今回は、いつもの勉強会に比べると、何となく、反応がない。。。質問も、どちらかと言うと、懐疑的な質問が多いような。。。(^_^;)

しかし、だからと言って、当別な対応することはなく、値引いて契約してもらなどと言う手段も使わず、とにかく、私たちの考え方やコンサルティングのありのままを伝えるのみです。

そして、採決。

結果は・・・満場一致にて、承認されました。
ありがとうございます。

また、新しいマンションとの出会いに感謝し、「これでもかっ!」と言うくらい幸せにする日本一(を目指している)高品質なコンサルティングを提供いたします!

【ブログ3066日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック