アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

「マンション管理組合のためのしあわせデザイン通信」vol.35

■私の好きな言葉■ 
「転んだら、起きればよい」

こんにちは。

「実費」とは、実際にかかる費用。
取扱い者の手数料や利益を見込まない正味
の費用のことです。

例えば、「交通費の実費精算」と言えば、
実際の乗車賃のことで、その切符を買う手間は入りません。

例えば、管理委託契約で、
管理会社は、管理委託契約において
「組合に対して、照明の管球費を実費請求する」
と書いてあれば、管理会社が購入した金額
で、管理組合に請求すると考えるのが自然
だと思います。

と言うのは、一般的には、購入の手間は、
「事務管理費」に、
取り付けの手間は、
「管理員費」に含まれているからです。

ただし、高所に取り付けるような場合は、
長尺の脚立や複数名による安全確保が
必要となるので、別の手当てが設定されて
いるケースがほとんどです。

しかし、私が管理見直しコンサルティング
先のマンションで、ある管理会社の解釈は
異なっていました。

その管理会社が組合に請求していた金額
は、量販店の店頭価格の3倍。

組合には金額入りの納品書が交付されて
いるのですが、10個入りのケースで買う
ことが多く、理事長も金額の割高なことに
気づかない。

総会の決算書でも、細かな明細がなく、
その他も含めて「消耗品」で整理してある
ので、指摘されることもないという状況。

私が、「実費なのだから、管理会社の
仕入れ値がわかる資料を出してくれ」
と言うと、管理会社は、
「実費とは、管理会社が仕入れて、
管理会社の仕入れ値に、経費を乗せたもの」

「仕入れ伝票は会社の社内文書だから出せない」

あるマンションでは、
「実費には、取付作業費が含まれている」

うーん、業務仕様書には、建物設備点検業
務に「管球の交換」と書かれているのですが…

実は、どちらのケースも同じ管理会社。

同じ管理会社で、同じ管理仕様書で、
しかも、すぐ近くのマンションで、答えが
違う。(苦笑)

どちらのマンションでも、住民側は、この
返事やその後のやり取りにあきれてしまい
最後は、
「早く、この管理会社を変えましょう」
となりました。

ただし、後者のケースでは、秘策が(笑)

それは、管理会社を変更したら、
「取付作業費」は返してもらうこと。

さすがに、それは拒めないでしょう。

実際、その申し出をしたら、フロント担当
者も、「わかりました。」と観念。

「では、全体の支払額から、管球代を
引いた取付作業費を明示して、一覧表
にしてくださいね」と依頼。

ところが、管理会社の方針が変わったらし
く、次回の引継ぎ打合せ時には、
「在庫の管球は全部持ち帰りました。
管球代と取付費を分けるのも大変ですから。」

マンション側に、何の断りもなく…
です(苦笑)

今更、購入費と取付作業費を分けて出して
も、こちらから突っ込まれるだけだと思っ
たのでしょうか。

そして、次回の最終引継ぎ時。
何故だか、管球持参???

今度は、
「昨年度に購入したものは、返金対象
ですが、それ以前のものは、もう組合が
了解して、決算済ですから、返金する
必要はないでしょう。だから、持って
きました。」

これには、組合の皆さんも、
「えっ!?」
と顔を見合わせる状態。

私「組合決算の承認は、取付作業の
未実施の承認とは違いますよ」

「業務の一部不履行状態で支払ったの
ですから、業務をやってもらうか、
そうでなければ、やらない分の返金が
当り前ですよね?」

管理会社「いえ、うちは、そう思いま
せん。この考え方で、おかしくありません。」

組合員「おかしいだろ!!(怒)

管理会社「文書で申し入れてください。
そしたら、検討します。」


この管理会社は、新聞やテレビ広告まで
やっている大きな会社で、450程のマンシ
ョンを管理しています。

つまり、このやり方により、管理マンシ
ョンの管球代への上乗せだけで、毎年
数百万円の儲けがあると思います。

従って、「実費」を巡る戦いに負けた
くない!と言う気持ちもわかりますが、
住民の方から、
「ホントに、あの管理会社を変えて
良かったね」と言われるのは、いかがな
ものでしょう。


(お知らせ)
7月18日(祝)10時~
~知らないと損をする~
管理会社では絶対教えてくれない~
大規模修繕と管理セミナー
を行います。↓
http://goo.gl/ludapw

かなりシークレットな内容ですから、
事前予約の方だけが受講可能です。

残席1名です。

■バックナンバーは、こちらからどうぞ

□■□━━━━━━━━━━━━━□■□
Copyright(C) マンション管理相談センター All Rights Reserved.

「マンション管理組合のためのしあわせ
デザイン通信」本文は著作権により保護さ
れていますが、あなたやご友人のお役に立
てるなら、商用の場合を除き、ご自由に
転送、転載いただいても結構です。その際
には、「マンション管理相談センターの
馬渕裕嘉志によれば…」と、出典を明記
ください。

◆発行人
(一社)マンション管理相談センター
代表理事 マンション管理士 馬渕裕嘉志
□■□━━━━━━━━━━━━━□■□
本メルマガの登録・解除は、こちらからどうぞ

【ブログ3055日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック