アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

東京都知事選に出馬意欲を示した石田純一氏。

断念の理由は、
野党統一候補になれなかったこと。
家族を説得できなかったこと。

出馬意欲を発表する前に、妻に相談しておらず、夫人が驚いたと言う報道。

この話を聞いて、昔の自分を思い出しました。
私が電力会社の安定したサラリーマンの生き方と決別した「起業」。

社内ベンチャー制度に応募したことは、妻に知らせず、グランプリを取って、起業することになって初めて、妻に知らせました。

妻は、「結婚する時から、この人は、そのうち、組織の枠を飛び出すかも、と感じていたけどね。」
と言う理解。(と言って良いのかどうか微妙だけど)

「ただし、路頭に迷わせるようなことは勘弁してね」。

私「最後は、夜中のコンビニバイトでも、何でもやって、養う」(笑)


ただし、「安定した電力会社社員の元に嫁がせた」と言う感覚の妻の両親には、話すタイミングが難しい。

結局、妻の実家に行った際に、「小さな会社の社長になった人が読む経理の話」と言うようなタイトルの実務本を持ち込んだのを見て、「これって、まさか・・・」がバレた瞬間(笑)

とは言え、全くの起業ではなく、社内ベンチャーの起業と言うことの安心感がありました。

ただし、その8年後に、まさか、中電から離れて起業するとは、予想してなかったと思います。

完全に独立資本で起業してから、順調だった1年後、東日本大震災の影響で、1年半の無給時代には、妻はバイトまでして支えてくれていて、路頭に迷う一歩手前(笑)

石田純一氏の今回の顛末とは、まったく違うのですが、「志」と「家族の理解、家族の支え」の関係は、どうなのか?と言う点では、心の中の葛藤は、似ているかも、と思いました…と言う話でした。

【ブログ3054日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック