アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

先週末は、私がマンション管理士として「この仕事を自分のライフワークにしよう!」と決めるきっかけになった岐阜のマンション「CH長良東」で、大規模修繕工事の5年目点検でした。

最初の出会いは、その前の年に大規模修繕工事コンサルティングを行ったマンションの修繕委員からの紹介。

管理会社が示した見積に対して、最終的にMACM方式により決まった工事金額は、仕様をグレードアプした上で、1000万円もコストダウン。

その時には、管理の見直しも行い、それ以降、ずっと顧問契約を続けています。

もちろん、大規模修繕工事の1年点検、3年点検も立会いました。

嬉しいのは、当時の現場代理人が、今は単身赴任しているような遠くの現場でも、この日に合わせて、帰って来て見てくれること。当時、大規模修繕工事の打ち上げにも、住民から是非!と誘われて参加したほど、信頼が厚かった人で、その想いが今も続いています。

また、アフター点検には、当時の川口修繕委員長と、その年の理事長が必ず立ち会っていただけることも、「コンサルタント任せ」、「工事会社任せ」ではないと言う姿勢が表れており、「こう言うマンションになって欲しい!」と、当時、私が願った姿です。

当時を振り返ると、川口修繕委員長のお宅で、何度も修繕委員会を開催し、修繕委員長ご夫妻には、その会合の前後で、ごちそうになったことも、しばしば。

更に、夫人には、修繕委員でパソコンの使えない人に対して、当方から送った文書をご自宅で印刷して配布いただくなど、沢山の協力をしていただけました。

課題の多いマンションだったので、サイボウズでの意見交換や個別メールの数を合せると、メールのやり取りは1000通以上でしたが、この時の苦労や、やりがいが、「マンション管理組合を幸せにするコンサルタントになる!」と決意した大きなきっかけになりました。

5年点検が終わった後、当時の川口修繕委員長夫人より、次のようなメールを頂きました。

「昨日はお世話になり、ありがとうございました。 ○○組の中島さんもわざわざ来て下さったようで嬉しかったです。 馬渕先生にマンションを守って頂いているという再認識を致しました。 広い地域でご活躍の中、馬渕先生ご本人が足を運んで下さることは何よりも有難いことです。 今後ともどうぞ宜しくお願い致します(^^)」

ありがとうございます!
こんな感激するメールを頂き、ウルウル状態です!(*^^)v

次の10年点検まではもちろん、更に、その後も、「顧問」として信頼いただける限り、また、体力が続く限り、私の原点になったこのマンションは、誰にも任せず、ずっと、私が守って行くと、改めて決意しました。

(今回、余りに嬉しかったので、許可をいただいて、実名にて掲載しております)

【ブログ3040日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック