アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

本日、民間(旧四会」連合協定「マンション修繕工事請負契約約款」が届きました。
今年4月に制定されたばかりです。
約款表紙.

今までは、新築を前提とした「工事請負約款」をそのまま大規模修繕工事の契約書に付け、その中から、不要なものを削除したり、修正したりと言う作業で、手間でした。

今回の目玉は、大規模修繕工事の多くが、「設計事務所の設計監理」が不要であることを前提に、監理者が管理組合自身の場合や設計事務所以外のコンサルタントが行うことを明文化したこと。

この約款の解説にも、↓このように書かれています。
約款解説



これがあれば、よくある管理組合の勘違い=「一級建築士でなければ、工事の検査等を行えない」と言う誤解を解くことが容易になります。

ただ、この約款は、あくまで作り手側が中心になって作成したもの。
それを消費者側の視点で、あらためてチェックする必要があります。

今後、この約款を使用できるよう、読み込んでいきたいと思います。

【ブログ3035日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック