アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

今日は、顧問先マンションの設備・建物ツアーでした。

このマンションは、28戸1棟丸ごとリノベーションで、販売時には、大規模修繕工事並の改修をしていますが、一部には取付け、また、一部には、従来の状態で引き渡されたものもあります。

管理会社から出される修繕提案について、「それって、引き渡し時からのもの?」と言う疑問も出てきます。

また、「見積もりや写真だけではわからない」と言う素直な疑問もあります。

そこで、7月の定期総会で役員が交代する前に、新旧役員で、設備・建物ツアーをしましょうと言うのが当社の提案。

また、決算・予算理事会には、何故、この予算になったのか?をわかってもらうために、新役員予定者に参加してもらうのも、当社の提案。

そこで、決算・予算理事会の前に、「設備・建物ツアー」を計画したと言う次第です。

普段から気になっていたところを指摘されたり、初めて見る設備等に驚かれたりと、あっという間の1時間でした。太陽光発電の非常用コンセント付パワーコンディショナーや高圧一括受電のためのキュービクルなども、初めて見た役員さんが多かったですね。
設備建物ツアー1 
設備建物ツアー2 
設備建物ツアー3

管理会社の建物・設備点検業者も、直接、住民に説明が出来るので、「なぜ、近々に修繕提案を行うことになるのか?」を伝えやすい。

「共用部は自分(達)の財産」と言う意識が一気に高まって、良いことだと思います。

【ブログ3033日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック