アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

私の大好きなメルマガの一つに、
水野浩志の「自身力を高める思考のヒント」があります。

今日のメルマガのテーマは、「ピンチはチャンス」の考え方。

以下、転載。

*************************

ピンチはチャンスという言葉があります。
前向きであり、ポジティブシンキングであり、
良い言葉のように、一般的には思われて
いるようですね。

しかし、「ピンチはチャンス!」と言っている
人たちを見ていると、それぞれ言葉は同じでも、
そのピンチと見えるものをどう解釈しているか、
と言うことについては、様々のようです。
 
ひとつ目は、自分はピンチだと思っていることを、
無理矢理チャンスだと自らに嘘を付いて思い込もうとする。
 
ふたつ目は、自分がピンチだと思っていることの中に、
自分にとってチャンスな要素を見つけだして、それを
チャンスと捉えようとする。
 
みっつ目は、ピンチな出来事の中に、自分の生き方を
改める重要なヒントがあり、それを得るチャンスなのだ、
と考える。

よっつ目は、過去の自分の人生を振り返り、常に
自分が成長してきた節目節目にはピンチを乗り越えて
来た、という事を知っているので、今回もまた、
自分を成長させるチャンスになるのだ、と受け止める。
 
自分自身がピンチと向かい合ってきたときの考えを
振り返って並べてみても、ざっとこれだけの

 ★ ピンチはチャンス、という考え方のバリエーション
 
があるんですよね。
 
なので、もしあなたがピンチと出会い、その時に

「ピンチはチャンスだ!」

と受け止めようとしたならば、自分がいったい、どの状態で
「ピンチはチャンス」と言っているのかを考えてみると、
そのピンチを本当にチャンスへと活かせる確率が上がる
かもしれませんよ。

なお、個人的には、ひとつ目の、

 「自分の気持ちに嘘をついて、ピンチをチャンスと思い込む」
 
と言うのだけは、あまり頂けないと思います。

こういう考え方しかない、という人は、是非、残りの3つの
視点で、ピンチを捉え直して見て下さいね。

****************************

以前、ブログで紹介した時には、「水野さんは、上から目線で人を笑わせるのが得意な人です!」と言うような表現をしましたが、最近のメルマガを読むと、どこからの目線なのか、分らない(笑)

が、それが良い。

毎回、絶妙な目線で、「目からウロコ」を落としてくれるばかりか、その後すぐに、最適な処方箋の目薬を差して、すっきりと見えるようにしてくれる!と言う感じがします。

私もよく「ピンチはチャンス」と人に言いますし、実際、今は、ピンチが来たらほぼ反射的にチャンスだと思えるようになっていますが、それは、水野さんが言われる四つ目の「ピンチは自分を成長させるチャンス」だと言う考え方です。

だから、ピンチが来るとワクワクする(笑)

ただし、それを人にも教えてあげようとして、ただ、合言葉のように「ピンチはチャンスだよ」と言うことは、時に危ない。

「ピンチはチャンス」は、実に深いですね。


【ブログ3030日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック