アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

今日は、エンジニアと一緒に、岐阜市・各務原市で三つのマンションの共用部の電力調査でした。
電気計測1

4月から電力小売り自由化となり、もしかしたら、契約を切り替えてしまったマンションがあるかもしれませんが、机上の契約比較では、ダメですよ!

電力の比較サイトを見ても、入力項目は、一般家庭を対象としたもので、マンション共用部の電力需要を意識したものはありません。

当社の電力削減手法は、一週間程度の計測と詳細な試算で、電灯も動力も、契約変更を行っての円単位まで、削減金額をはじき出します。

照明器具ごとのLED化も組み込みます。

そして、それにかかる費用は、最安値。
今まで、より納得性を得るために、試しに管理会社に相見積もりをお願いしましたが、コストは数十パーセントも違います。

結果、削減率が30~50%となり、投資の償却は3~5年程度。
次の大規模修繕工事までに、数百万円の削減効果があります。

これがその実績。
実績


中電の契約メニュー切替の暫定措置が終わる9月までが勝負ですからね!

ちなみに、当社の手法を表面的に真似して、提案料や中電申請料などと称して、組合からお金をもらい、「なんちゃって電気代削減」をしている管理会社がありますので、注意してくださいね。

【ブログ3025日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック