アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

昨日は、岐阜県大垣市の二つのマンションで、大規模修繕工事(第1回目)の業者選定プレゼンでした。

「二つ」と言うのは、全く同時に新築されて隣接する二つの組合のマンションが、コストダウンのために共同発注を行うと言う手法を選択したからです。

実は、すでに、管理会社の入札でも、この方式を取り入れ、各種点検を同日に行うこと等のルールを整備し、また、電気料金削減も実施し、20戸/棟ながら、戸当たり年間で4万円以上の管理コスト削減に成功しています。

これにより、長期修繕計画上は相当な余力が出来ており、今回の大規模修繕工事においても、長寿命の工事が出来ると言う目途が立っていましたが、それを2棟同時に発注することで、スケールメリットに加え、例えば、仮設事務所も一つ、現場代理人も一人で済む等のコストダウンが図れる訳です。

ただし、同じ業者に依頼することが大前提。

その決定のためのプロセスにおける約束事をいくつも作りましたが、いざ、実行となると、「人の価値観」の多様性は、事前に予想出来るものではありません。

今回、1社を選定するにおいて、2社の工事会社が非常に拮抗し、議論白熱。

そんな時は、コンサルタントとしての力量も問われる時です。

しかし、経験とか他の例とかを知っていると言う「引き出し」には、正解が入っていません。

では、どうするか?

この究極の答えは、
「二つの組合が幸せになるには、どんな選択が適切か?」の観点からアドバイスすることです。
と同時に、どのような結論になっても、それがもたらす結果が最良となるよう最大限の支援を行うと言うことです。

ここまで来ると、妙案やテクニックがある訳ではなく、この姿勢=軸をブラさないとが、究極の解決方法だと思います。

【ブログ2997日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

テーマ:よく生きる
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック