アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

管理組合にとって、大規模修繕工事のコンサルティングを依頼するのは、大きく分けて二つの理由があると思います。

一つ目は、入札コーディネートによる工事費のコストダウン。
二つ目は、工事が始まってからのチェック。

つまり、良質な工事をより安く実施する支援業務ですね。

当社は、前者においては、管理会社や工事会社とは、一切の利害関係を持たず、100%管理組合のためのコストダウンを行います。

その方式がMACM方式。

今、岐阜県大垣市で20戸×2棟の大規模修繕工事コンサルティングをしていますが、この方式に基づいて、VE(価値を下げずに、価格を下げる)交渉を行った結果、平均で、約10%のコストダウンが実現しました。

元々、事前の価格調整を一切しないガチンコの入札ですから、概算予算をかなり下回る見積額が提示されています。

そこから更に10%下がったという訳です。

こんな風に、組合の皆さんが、プレゼン3社に残る会社をどれにするのか?を迷うくらいに全体が下がれば、あとは、価格ではなく会社本位で選ぶことが出来ます。

そんな状態を作るのが、コンサルタントの仕事だと思います。

【ブログ2981日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック