アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

先日発表された標準管理規約で、以前から話題になっていたのが、「コミュニティ条項の削除」

今、最も話題になっているのが、「管理規約と民泊」

どちらも、書きだすと、相当な量になってしまいそうで、いささか躊躇していたら、凄いブログを見つけました。

それが、「弁護士・マンション管理士 桃尾俊明のブログ」

さすが、弁護士!
ブログタイトルは、「そのまま」(笑)

が、そのタイトルにふさわしい硬派な記事で、非常参考になります。

◎規約による民泊の禁止 -法令・条例等と規約との関係,「専ら住宅」条項の位置づけ-
◎標準管理規約の改正とコミュニティ条項の削除


ご一読あれ!

【ブログ2967日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
マンション議決権
こんばんは。日刊ゲンダイ3月29日発行の無記名記事より抜粋。【マンション議決権 1住戸1票の“平等”が崩れる】との見出しで、「どのメディアも報じていないが、今回の改正に衝撃的な内容がある。」と始まり、「これまで議決権は1住戸1票とされていたが、これからは専有面積の割合に応じて賛否を算出するのが適当としたのだ。・・・さらに今回は、専有部分の階数(眺望、日照等)、方角(日照等)を考慮した価値の違いに基づく価値割合を基礎として、議決権の割合を定めることも考えられると一歩踏み込んでいる。」とし、「マンション管理コンサルタントの土屋輝之氏は、『管理費や修繕積立金などもそれぞれの専有面積に応じているし、費用負担に応じて議決権を行使できるというのは、ある意味、合理的な考え方とも言える』とコメント。」と示し、「平等の対する考え方にもいろいろあるようだ。」と締めている。(お知らせまで)
2016/03/28(Mon) 23:40 | URL | デュピュイ取る | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック