アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

他では真似のできないマンション共用部の省エネ策の一つが、動力SB契約。
この利用により、使い方は今までと全く変わらないままで、基本料金が永久に下がると言う優れ技です。

これに関しては、私が直接中電に電話を掛けて、
「4月からのビジトクプランを申し込んで、割引を適用されてから、動力SB契約に変えて減設しても、違約金は発生しないか?」と尋ねたところ、「発生しない」と言う回答。

それなら、とりあえず、ビジトクプランに変えておいてください!とアドバイスしたマンションが数件あります。

ところが、中電のHPを見ると、4月から動力SB契約が廃止されるとのこと。↓
http://www.chuden.co.jp/business/bshikumi/business_menu/bus_shop/denryoku/

ええー!話が違う!!

これ、契約メニューの変更ではなく、契約方式の廃止のため、全くPRされておらず、前記の回答も得ていたことから、今後も使えると安心していました。

廃止の理由は、普及していないこと、お客様開閉器契約があること、屋外設置スペースがいるため不人気なこと等。

実は、中電の営業部門にいても、この契約を良く知らない社員もいるくらいですから、コールセンターにそんなマニアックな質問が入ると言う前提でのQAはないのでしょう。

だから、私の問い合わせ電話に出た人が間違えたことを責めません。
自分の突込み不足を反省するだけ。

改めて聞くと、3月末までに申し込みをした場合までがOKとのこと。

うーん、もう時間がない。
駆け込みで、契約すできるマンションは、ギリギリまでトライするか?
4月以降で、新しい裏技を編み出すか?

どちらも頑張ります!

【ブログ2955日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

テーマ:よく生きる
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック