アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

ここ10~15年くらいのマンションは、屋上に断熱材が敷かれているケースが多くなっています。

現在、大規模修繕工事に向けて、仕様作成をしているマンションも、その一つ。

第1回目の大大規模修繕工事では、屋上の修繕方法として、部分補修にするのか、全面補修にするのかと言う選択に加え、全面補修にする場合、この断熱材がどんな状態なのかは、工法を決めるうえで、大切なポイントです。

例えば、雨水が断熱材に浸透していて、シートへの接着が弱くなっていたり、縮んだりしていれば、既に断熱効果が薄れていると言えます。

断熱材を全部取って、やり直すとなれば、その廃材処理代もかかります。

もし、断熱材の下の状態が悪く、下地のコンクリートにまで水が染み込んでいると、そのまま上から被せれば、その水分を閉じ込めることになります。

まずは目視や歩行してみて、状態を調べますが、そこで、雨水がシートの下に回っているとか、下の断熱材が空いていたり、暴れている感じがするかどうか?を見ます。

以前、他のマンションで、建物調査の次点では、大きな問題がなかったマンションが、実際の工事期間までに2年程度あり、いざ工事になった時に、断熱材が水を吸って、縮んていたことがありました。

それ以降、多少何かありそうだな?と感じたら、工事の直前の最終仕様を決める前に、屋上の何カ所かを切り、実際に、断熱材と下地のコンクリートの状況を調べることにしています。

で、今日は、その検査。

こんな感じです。
屋上検査1 屋上検査2 屋上検査3


ここまで大胆なことが出来るのは、間もなく大規模修繕工事を行うことが決まっているから。
一般的な建物調査では、状態が悪いことが明らかでないと、費用をかけて、ここまでやらないと思います。

水分計でコンクリートの含水率も測り、メーカーの見解も聞いて、報告書をまとめ、最終的な仕様案を考え、住民の皆さんに報告して、判断していただきます。

【ブログ2937日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック