アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

「マンション管理組合のためのしあわせデザイン通信」vol.14

■私の好きな言葉■ 
「あきらめない限り、運命は変えられる」

、こんにちは。

(前回のおさらい)
結露で困っていると言うマンションで、
各戸の窓の断熱改修をしたいと言う
場合は?と言うテーマ。

「窓枠も窓ガラスも共有部」

計画的な修繕ならば、管理組合が行うこと
になり、それを待っていられない!となれ
ば、管理組合に届けて、自分で行うことに
なります。

ではどう進めるか?と言うのが今回。

まず、改修の方法から。

大きく分けると3種類。

一つ目が、サッシごと替える方法

この場合、既存の窓枠を残し、その内側に
新しい枠と窓付きサッシを取り付けます。

こうすれば、サッシは新品となり、新調
したと言う美観が上がり、新品の寿命に
更新されます。当然、戸車も自動的に新品
になります

二つ目は、窓のみを取り替えること。

この場合、既存の窓の厚みで収まる製品で
あれば、施工上の問題はありませんが、
収まらない製品の場合は、網戸が閉まら
なくならないか?等の注意が必要です。

また、戸車は、既存品が使えるのか
使えないのかにより、取替を判断できます。

この方法だと、サッシの丸ごと取替に比べ
て、安くなりますね。

以上の二つの方法は、どちらも、
「共用部を改修する」ことになるので、
組合への届出(許可)が必要です。


三番目が、内窓を新たに取り付けること。

窓枠は樹脂製で、室内の風合いは変わりま
すが、あくまで室内の話なので、組合の
届出(許可)は不要です。

金額も、前2つの方法よりは、一般的に
安く、防音効果もあるのですが、室内に
せり出すため、その分、部屋が狭くなります。

それぞれ、現在の窓の仕様や劣化の状況
予算により、選択肢が考えられます。

また、組合で一斉に取り組む場合は、
修繕積立金と長期修繕計画上のチェック
が必要になります。

ここで、有益な情報が「補助金」
「住宅省エネリノベーション促進事業」や
「省エネリフォーム促進税制」

前者の補助金は、工事費の3分の1の補助
金がでますが、これが、平成27年度の
補正予算で100億円が計上されており
国を挙げて、省エネを推進しようと言う
意図が読み取れます。

例えば、窓交換方式の場合、テラスサイズ
の窓が2窓、腰高窓が2窓の場合、大よそ
40~50万円の費用がかかると言われています。

それの1/3が補助金として戻ってくるの
ですから、かなりお得です。

実際に、あるメーカー・販売会社から、
名古屋市の1992年築、
39戸のマンションで、
全戸ガラス+戸車交換費用が、
税込2300万円に対して、700万円の
補助が出て、組合負担額は1600万円
で済んだと言う事例をお聞きしました。

長期修繕計画に、こう言った金額を織り込
んであるマンションは、なかなかないでし
ょうが、窓の断熱化で年間の冷暖房費が、
2,3万円安くなると言う試算もあります
ので、多くの住人が窓の結露で悩んでいる
と言うマンションでは、バリューアップ
工事として、検討する価値はあると思います。

なお、マンション全体で取組むと時間が
かかるので、自分の住戸だけ先行して
やりたい!と言う方でも、補助金は使えます。

あるいは、個人負担だけれども、共同発注
を行い、1戸当たりの負担を軽減すると
言う方法もあります。

更には、
「マンション全体で工事を実施することに
なった場合、過去〇年以内に自己負担で
実施した住戸については、一定の工事費
を還元する」と言うルールを作ることで、
「今、切実な問題」と言う住戸が、早期に
工事を実施できる環境を整えることも考え
られますね。

私は、「一般社団法人スマートマンション
推進協議会」の理事長でもあり、また、
「家庭の省エネアドバイザー」資格者で
もありますので、今後も、多方面から、
マンションにおける省エネの促進について
啓蒙活動を行っていきたいと思います。

■バックナンバーは、こちらからどうぞ


□■□━━━━━━━━━━━━━□■□
Copyright(C) マンション管理相談センター All Rights Reserved.

「マンション管理組合のためのしあわせ
デザイン通信」本文は著作権により保護さ
れていますが、あなたやご友人のお役に立
てるなら、商用の場合を除き、ご自由に
転送、転載いただいても結構です。その際
には、「マンション管理相談センターの
馬渕裕嘉志によれば…」と、出典を明記
ください。

◆発行人
(一社)マンション管理相談センター
代表理事 マンション管理士 馬渕裕嘉志
    E-mail m-info@mankan-sc.com
□■□━━━━━━━━━━━━━□■□
本メルマガの登録・解除は、こちらからどうぞ

【ブログ2929日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック