アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

国を挙げて、建物の省エネ化を推進しており、今年の補正予算や来年度予算においても、省エネ関連の補助金が設定されています。

新築については、建築確認申請もあり、国〈地方公共団体〉が把握できるので、省エネの網を一律被せることは容易ですが、既設の建物は、一定規模以上の改修時に義務付けることと助成金により促進することが政策となります。

マンションにおいては、省エネは共用部も可能ですが、圧倒的に各戸の省エネの方が効果は大きいのですが、実は、室内から最も熱が逃げやすい窓は、共用部と専用部が混在している(正確な法律論ではなく、一般の人にわかりやすいよう表現しております)ので、複雑な要素を踏まえた判断が必要になります。

また、省エネと言うより、「結露問題」と言う方が、身近に感じる人がいるかもしれません。

この問題は、明日発行するメルマガで詳しく書きたいと思います。

【ブログ2921日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック