アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

昨夜は、毎週恒例のサムライコンサル塾の4回目。

18時半から始まり、20時までノンストップ。
毎回、講義終了後の懇親会があり、終電まで盛り上がります。
サムライコンサル4回目

前回は、その後、明け方近くまでカラオケのメンバーもいたそうですが、私は、土日がコンサルティングのゴールデンタイムで、ほぼ毎週、午前・午後・夜×土日の6セッションあるため、そこまでは一緒にいられませんが、講義も懇親会も、どちらも皆勤賞!

さて、この講義では、最初の1時間は、アウトプットタイムとなっており、自分が読んだ本の紹介や自分の顧客となる聴衆者を想定した2分間プレゼンテーションがあります。

私の場合、最初の2回は、自分の書いた本。
今回は、マンションの省エネをテーマに、2分間話しました。

2分間だと、
つかみは、対象者を明確にすること。
次は、自分が何者であるかを、短いフレーズで表現すること。
3番目が、問題定義。
4番目が、その解決策。
5番目が、実例や実績・・・
と言うように、組立の型を持つことがポイント。

私は、これまでも、それを意識して行っていたので、改めて、色々なパターンで試してみて、皆さんからのフィードバックを受けることにより、反応を確認して、次に活かすことができ、とても有益な時間です。

全体の進行も、各自のアウトプットに対して、あるルールで、参加者・先輩・柳生先生がフィードバックを行うことにより、発表者も気づきがあるし、フィードバックする腕も磨けます。

更に、その進行を行うのは、受講生の役目。

つまり、会議のファシリテーションも体験できるという仕組み。

受講生は、まだコンサルタントとしてデビューしていなかったり、駆け出しの人も多いので、その体験は「訓練」になりますから、決して、柳生先生が手を抜いている訳ではありません。(笑)

正直、このやり方の説明を聞いた時は、「やられた!」と言う感じ(笑)

私の塾でも、毎回、前回講義から今回講義までのスキルアップ報告と自己紹介を各自にていてもらい、フィードバックを行っていますが、管理組合での検討会議で意見をまとめて行く機会も多いので、ファシリテーション力の強化は大切。

当社の要請塾では、私のコンサルに同行することにより、「知識・スキル・マインド」の3面から「見る・感じる・学ぶ」と言うスタイルで、経験値を上げていただいていますが、こうした講義におけるスキルアップのやり方も、非常に参考になります。

実は、これまでの4回の講義では、その内容もさることながら、こうした講義の進め方や受講生の緊張感の持続のさせ方、スキルアップのさせ方が、相当勉強になっています。

柳生先生の話の内容、間の取り方、時間配分、単語…すべてが計算され、体系化されたものに違いなく、その効果の狙いどころを読むのも、講義の楽しみの一つ(笑)

サムライコンサル塾は、どんな業種のどんなクライアントでも、成功させるノウハウを学ぶので、当社のように「マンション管理コンサルタント」と言う超ニッチな養成塾とは、違うところも多いのですが、取り入れたいと思う点やこの経験を元に改良したいと思う点は、沢山ありますね。

サムライコンサル塾の受講料は、698000円ですが、4回目の講義を受けた段階で、既に、その何倍もの元が取れた!と言う気分です(*^^)v

【ブログ2912日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

テーマ:よく生きる
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック