アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

昨日は、「活躍できるマンション管理コンサルタント養成塾」の修了式。
修了式最終講義 修了証書授与

5月から始まり8カ月に及ぶ座学と実地体験で、8名の塾生が全員修了を迎えました。

座学は、3時間×14回(補講含む)=72時間。
同行体験、アシスタント体験による実務研修は、人によって差がありますが、最も多い塾生で、40回×2時間=80時間。

座学の後は、毎回、延長戦と題して、近くの居酒屋で2時間以上の議論。
私も参加していますので、座学のフォロー的な時間になります。
1度だけ、声が出なくて、欠席したので、2時間×13回=26時間。

同行研修の後は、食事やカフェで、振り返りをすることも多いので、ざっくり20時間。

全部合わせると、約200時間の研修になります。

更に、毎回の座学や実務研修の後には、「知識」「スキル」「マインド」の3面から、感想や学んだこと、疑問点を塾生の専用サイトにアップすることとなっており、そのすべての書き込みに、私がコメントを付け、理解を深めました。

私のコンサルティング先に、誰も同行しないと言うケースはほとんどなく、その回数は、約150回。

その同行研修も、そのスケジュール合わせや資料の送付あるいは、同行者分の印刷等の業務が付加されます。後半は、アシスタントとして、資料原案を作成してもらうのですが、雛形があるとは言え、私の添削が不要と言う訳にもいかず、そのチェックを行うので、自分でやるより。却って手間がかかる(笑)

そして、平均して2~3名の塾生が同行しますので、座学のコメントと合わせると、500以上のコメントを書いたことになります。

そう考えると、この塾に掛けた時間や業務量は、私の人生の中でも、最も「濃い」と言えます。

その結晶が、昨日の修了式ですから、感慨深さは、半端ではありません。

最終講義は、一人30分のプレゼンコンテスト。

管理見直し・大規模修繕工事・省エネの3分野から、テーマを選んで、管理組合向けと想定して、プレゼンを行ってもらいましたが、毎回の講義で、自己紹介や報告会を重ねてきたので、進歩が著しい!

修了パーティは、会議室の隣室のラウンジで、ケータリング。
その料理や飲み物は、実は、私のワイフと二人の娘が、用意してくれ、後片付けも。

おかげで、その後も、片づけをかませて、すぐに、全員で2次会。

すべてにおいて、最高な1日となりました。

今日から、塾生は、「一般社団法人マンション管理相談センター認定 マンション管理コンサルタント」として、共に、「マンションに住む人をこれでもかっ!と言うくらいに幸せにする」活動を共にします!

【ブログ2893日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

テーマ:よく生きる
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック