アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

顧問先マンションで、理事会メンバーの予定が合わず、2週間前開催の理事会が流れ、年の瀬が迫ったこの時期に、理事会開催。

大規模修繕工事の竣工図書の確認と言う重要なテーマや設備故障の対応があったので、管理会社のフロント担当者にも協力していただき、全員の予定をあわせていただきました。

開催場所が、マンションのロビーなので、比較的集まりやすいと言う便利さがあったとはいえ、負担は決して少なくないのですが、こうした努力を住民が知ることは、ほとんどありません。

理事会議事録が配布されても、開催日や開催頻度を見て、敏感に理事会メンバーの苦労を推し量ることは、難しいですからね。

当社の顧問先の多くは40戸程度以下の小規模マンションが多く、管理改善プロジェクト開始前は、ほとんどのマンションで、理事会は、総会前の決算・予算理事会の1回のみが定例で、緊急を要するようなことがなければ、さらりと過ぎています。

従って、過去の理事会メンバーでも、管理組合運営への関心も高まっていないと言うのが実情で、いざ、大規模修繕工事のようなマンションの重大テーマがあっても、総会への参加者が、著しく増えることはないですね。

では、住民の関心は、どうしたら高まるか?

「即効性はない」と言うのが私の答え。
組合活動の情報提供、理事会の活性化による当事者意識の定着、総会の開催手法の工夫、住民イベントの開催等々、考えらえることを一つずつ地道にやることだと思います。

【ブログ2884日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック