アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

最近、新築マンションの広告で、小規模なマンションでも、その「売り」の一つとして、「清掃員が各戸前までゴミの回収に来る」と言うものが、時々見かけるようになりました。

高層マンションでは、ダストボックスがあったり、各フロアにゴミステーションがあるようですが、私が見つけたのは、30戸程度のマンション。

購入検討者にとって、魅力的なのでしょうか?

私が独身時代に、男同士の話で、「結婚しても、ゴミ出しだけは、絶対にやらない!」と言うことを結婚条件に入れていた人もいました(笑)、そんな家庭にとっては、良いサービス?

確かに、ドアのすぐ雨に出しておけば、回収してくれると言うのは、楽です。
また、自宅前に出すのであれば、どこのごみ袋かわかるので、分別が徹底され、口をキチンと閉めるようになると言う良い面も。
あるいは、エレベーターにゴミ袋を持ちこまないので、床が汚れないとか。

いくつものメリットがありますね。

一方、そのコスト収集コストは、当然、自分の管理費から支払われるので、その分、割高になります。

いつまでも、ゴミを自宅前に出しているのは避けたいですから、清掃員の出勤時間が、朝7時くらいになったりしますから、人件費も割高です。

ゴミステーションまで、ゴミを持って行くのは、子供の教育や男性の家事参加と言う面の良さがあります。

また、ゴミステーションで、他の住民と顔を合わせて、開け閉めを手伝いあうとか、挨拶すると言うコミュニケーションが図れます。

エレベーターの床が汚れるなどは、ありえそうですが、実際は、自分も毎日使う場所ですから、汚さないよう気を付けますし、仮に、汚したら、きれいにするのが常識で、汚れる可能性をもって、各戸収集が良いと言うセールスは、釈然としません。

ゴミステーションに各戸が持って行くことにも、捨てがたいメリットがあります。

私が自分のマンションでの実感で行くと、一番のメリットは、朝、ゴミを捨てる時の子供教育とごみステーションでの交流は、かなり良い!

もちろん、他にもコミュニティを活性化する手段はありますが、意識せずに、交流できるのは、案外良いものですよ。

【ブログ2879日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)


にほんブログつもり<br />み村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック