アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

昨日、「既存住宅品質サポートセンター」の勉強会に参加してきました。

今は、主に戸建の空き家が問題になっており、国土交通省が国策として、中古住宅の流通、空き家対策を行う必要があると言うことで、数年前から補助金を出しています。

私の古巣の住宅相談センターでは、中部エリアにおける推進団体である「既存住宅品質サポートセンター」の事務局を務めており、私も、既存マンションの売買の相談を良く受けることから、勉強しに行きました。

戸建の場合は、長く空き家になっていると、幽霊屋敷になって、犯罪などの温床になったり、屋根や壁が落ちるなどの被害が心配されます。

その意味で、早急な対策が望まれます。

一方、マンションの場合は、管理費の滞納や組合役員の成り手が少なくなり、大規模修繕工事が出来ないとか、管理組合の運営が出来ないなどの問題があると思います。

また、売買と言う点では、個別の居室の良し悪しと同じくらい共有部の維持状態や管理の品質等が重要なのですが、それを一般消費者が判断することは、かなり大変です。

実は、当社の隠しメニュー(?)には、中古マンションの購入に当たり、共用部の状態や管理の品質を調査判定するサービスもあって、少ない件数ですが、利用者もあります。

中古マンションの市場の活性化は、マンション管理組合や当社のコンサルティング業務にとっても、非常に重要なことから、今後も、注視して行きたいと思います。

【ブログ2876日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)


にほんブログつもり<br />み村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック