アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

土曜日に養成塾の第12回目の講義を実施しました。
20151212第12回講座

今回は、顧問業務と初回相談から勉強会に至る対応。

これで、実務に関する講義は、すべて終了し、今月27日に補講。
最後に、「初回相談」のテーマを持ってきたのは、初回相談だからこそ、コンサルティング業務の全容を把握して、適切な対応&ナビゲートを行うことが大切なため、「初回の講義」ではなく、「最終の講義」に持ってkる必要があるとからです。

27日は、これまでの講義の質疑応答を午前中に行い、午後は、8名全員と個別相談を行って、事業計画のアドバイスを行います。私は、かつて、かなりの数の企業や個人に対して、起業、新規事業、営業のコンサルティングも行ってきたので、「マンション管理士」の養成講座の中には、そうした起業支援も含まれています。、

また、この日は、プロカメラマンによる塾生のプロフィール写真も撮影。

一般社団法人マンション管理相談センターのサイトに、認定コンサルタントとして、登場します。

来年1月には、最終講義及びプレゼンコンテスト。
それを終えて、いよいよ認定式です、

これまで、管理見直し、省エネ、大規模修繕工事の各コンサルティング業務、PRの手法、集客、契約実務、事業計画の各講義を毎回3時間実施。終了後は、毎回、飲みながらの延長戦を2~3時間。

座学だけではありません。

初回講義開始前からの同行体験。
講義期間の中盤からは、一人当たり数件のマンションを割り当てた実地(アシスタント)研修。
アシスタントとして、実際の資料作りも行い、私の添削を受けてもらっています。

塾生によって異なりますが、この9カ月で、私が実際に行っている勉強会・コンサルティング・顧問の会合、工事コンサルのための調査や検査に、最大で延べ40回以上も同行しており、それは、実地研修の単位制度となっています。

私の次のコンサルティグまでに時間があれば、その同行研修のすぐ後に、食事などをしながら、すぐに振り返ることも。

そして、すべての講義・現地研修の後は、塾生専用の掲示板で、レポートと感想をアップし、全塾生でシェア。そのレポートには、すべて、私がコメント行い、更には塾生同士、あるいは私からのテーマの投げかけについて、回答を行い、他の塾生の現地研修も、疑似体験できるようにしました。

とにもかくにも、1日でも早く、独り立ちしてもらい、少しでも多くの管理組合と住民の皆さんを幸せにできる専門家を世に送り出したいという強い想いがあります。

また、講義のたびに、「組合の皆さんの前で行う自己紹介」も、何種類かに分けて作成してもらい、身に着くまで練習してもらいました。

中には、既に、単独で組合の理事会に出ていただいている塾生もいます。

こうして、マンション管理コンサルタントしての「知識」「ノウハウ」「マインド」を積み重ねており、この9カ月の各塾生の成長ぶりは、もの凄い!!

1月の認定後には、正々堂々と「実績のあるコンサルタント」と名乗って管理組合の前に立ってもらえるレベルを目指し、いよいよ、追い込み。

1月の最終講義のプレゼンコンテストが楽しみです。

【ブログ2870日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)


にほんブログつもり<br />み村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック