アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

長らく自主管理を続けてきたマンションで、管理員の継続、設備の老朽化、大規模修繕工事の資金不足など、いくつかの大きな課題があって、相談があり、近々に役員向けの勉強会を開催することになりました。

聞けば、家庭の配電は、いまだにヒューズ型のブレーカ―だそうです。
照明はLEDに変えたものの、幹線や配電盤も古く、そろそろ変えた方が良いという話がずっと出ている。

しかし、数年前に耐震補強を行い、その時に借り入れを行い、ようやく返済が終わり、至近年に予定している大規模修繕工事すら、再び借金がいるかも?と言う状態。とても、電気設備の更新の話にならないという状態。

しかし、もし、埋設された電線に不具合が生じたら、長期間の停電になります。
それを避けるためには、不具合が起きる前に、露出で配線し、古い線からの切替をしておく必要があります。

また、管理コストの見直しも必須。
勉強会を前に、現地を簡単に目視調査し、管理資料を拝見しましたが、自主管理であっても、管理コストの削減は十分できそうですし、電気代の削減余地もありそうですから、その改善合わせて検討することが良いですね。

【ブログ2857日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)


にほんブログつもり<br />み村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック