アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

約180戸のマンションの顧問契約が、8月から始まって、4か月が経ちました。

最初に理事会に出席した時には、何と議案書が66ページ!
数年前からの懸案事項も合わせ、前期からの引継ぎ事項は、13項目。

中には、数回の臨時総会を行ったものの、その都度、議決を行うことができる材料が少ないとか、事前の検討が十分でないという理由で、臨時総会が数回開かれても、その都度、保留になっていたオートロックインターホンの取替案件や、5年間、ずっと先送りされてきたアナログ電波障害施設の撤去問題もあり、その金額は数百万円~数千万円の規模でした。

この状況に対して、組合からのリクエストは、12月までに、一定の成果(コストダウン)を示して欲しいと言うもの。

これに対して、私は、拙速に成果を出すことを求めると、「安かろう悪かろう」となったり、いたずらに管理会社の足りないところを指摘するようなパフォーマンスになり、管理組合を幸せにすることはできない!と言う回答。

そうは言っても、顧問契約のメリットを示すことが出来なければ、理事会としても、顧問契約の継続を自信を持って、組合員に示せないと言う主張。

私は、顧問料以上にコストダウンが出来ますとは約束しないし、それに向かって仕事もしない。それよりも、組合が自分たちで賢く判断できるための材料を提示し、、自分が、管理会社とどのようなやり取りをするのかを見てもらうことで、顧問の価値をはかってもらいたい、と申し上げました。

そして、4か月が経ち、沢山の課題を抱えていたこの理事会では、66ページあった理事会議案書が19ページにまで減少しました。

その間に、査定・工事時期の適正化・相見積もり等の手法で、合計で900万円以上のコストダウンの目途が立ちました。

そして、懸案だったいくつかの大型案件の実施と、当社との長期継続的な顧問契約締結のための臨時総会が12月に開催されることになり、先日、理事会主催で、そのための組合員向け勉強会が開催されました。

何しろ、何度も総会で審議保留になった案件ですし、顧問業務がどの程度の効果があるのかは、住民のほとんどが知らないので、いきなり臨時総会をやっても、住民は戸惑うので、勉強会が必要だと考えられたからです。

この発想も、素晴らしいですね。

勉強会は、土・日・平日の合計3回。

理事会メンバー12名が、分散して出席され、この4カ月間の顧問に対する評価・感想を述べていただきました。

それが、こちら。


■顧問業務を受けることによって、各種工事費用が安く抑えられています。また、理事会の運営がスムーズになっています。

■経験・知識において十分評価は高いです。また、今迄の馬渕効果の金額を含めコスト削減結果が成果となっている以上、継続的な顧問契約は何も問題は無いと考えます。

■馬渕先生、いつもお世話になっております。ありがとうございます。私たちにとって適切なアドバイスを頂けるので、これからも支援していただきたいと思っております。あと総会で正式に顧問契約が決まれば良いかなと、思っております。

■今迄の理事会の中で、本来なら理事会のメンバーが馬渕先生のする様な事をしなければいけないので、コンサルタントを入れても上手く行くかな~と、最初は思いました。けれど今は皆さんがおっしゃった様に、今のところはコスト削減効果が大きいかなと思います。これがずっと続けば有難いなと考えております。ただ顧問料は、組合にとって継続的に費用がかかりますので、それとのコストパフォーマンスが上手く行くようなやり方も踏まえて。
それと管理会社のスムーズな対応も、その効果が大きいですから、今後も上手くやっていただきたいと思っております。


■私は、最初に申し上げた通り、技術的、コスト面でもご支援いただけると。
ある意味、管理会社を上手く使って頂けていると、そういった意味でも、是非ともコンサルタントの馬渕さんと契約して進めていきたいなと思っております。
その意味で、次回の12/6の臨時総会でこれも議案の1つにしておりますので、皆さんに承認していただきたいなと思っています。書類(議案の説明内容)だけではわかりませんので、今回の勉強会を開催させていただいた訳でございます。

■私の知りあいのマンションの毎年の管理費の余剰金(修繕積立に振替えるお金)と比べると、当マンションの余剰金はm非常に少なく、これでは何れ赤字になるのでは?と前から○○さんと話していた。そこで、馬渕さんにお願いしたら、今日の勉強会でも説明があったようにコスト面でも随分削減の効果があり、多くの引継課題も解決出来ました。

■私は初めて理事になりましたが、何をどうしたら良いかさえわかりませんでした。管理会社の出す見積金額も、安いのか高いのかさえ判断できずにいました。
まして、皆さんお仕事をされながらの理事会ですので、自分達で調べたりすることも忙しくままならない中でどうしようも出来ませんでした。
馬渕さんが入ったことで、判断する基準の根拠を与えてくださったりして、自分達の納得のいく判断が出来、良かったと思います。コスト削減効果もさることながら、理事会運営もスムーズに行くように、考え方の方向性を与え、上手に導いてくれることも、顧問契約をする事は価値のある良いことだと思います。

■私も工事の見積り金額が、高いのか安いのかわからない、ましてやそもそも本当にこの工事は必要な工事なのかさえ判断できないでいました。でも馬渕さんのお蔭で、必要な理由■どういった視点で判断するのが適切なのかを教えてくれました。理事の皆は忙しく、中々勉強したり調べることが出来な中で、無駄なコストをかけず適正な価格の工事金額を判断できたのでとても良かったかなと思います。

■私は、主人が忙しく理事会参加ができないので出ていました。こんな私でも理解しやすいように、馬渕さんは易しく分かり易い説明をしてくださいました。

■今回だけの契約でなく継続的に顧問契約したほうが、管理会社と折衝する面で良いかなと思います。理事は輪番で回ってきますので、今期の理事は頑張ってコスト削減しても、次期以降の理事で削減継続が出来なければ意味がないし、適切に判断できないと、また困ってしまうのでは。

■顧問の馬渕さんの、アドバイスされるタイミングが絶妙です。でしゃばらず、控えめで好感がもてます。それまでは、よく理事会と管理会社との話し合いで、詰まることもあり、険悪で対立的な雰囲気に何度もなりました。
馬渕さんが入った事で、本当に絶妙なタイミングでアドバイスをして下さるので、そういったこともなくなり、スムーズに理事会運営がなされるようになったと思います。これが、プロなのかと、ホントに感心しました。
私はそういう意味でも馬渕さんとの顧問契約が継続的になされるのを期待しています。

■私は、実を言えば、個人的には、『コンサルタントなんて胡散臭い』と思い、5カ月で○○万円を払うことは正直反対でした。でも馬渕さんに入ってもらったおかげで、いくつもの問題が解決できて、管理会社の言われるままの見積金額を払うことなく、コストダウンされた適正な価格を払って工事等ができ良かったと思いました。理事会の開催時間も、最初は4時間もありましたが、それが段々と短くなって、スムーズに運ぶようになっていますし。



ちなみに、最後の言葉は、理事長です(笑)。


【ブログ2853日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)



にほんブログつもり<br />み村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック