アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

実際の相容は、町内会側からのものです。

Q:Aマンションは、管理費と一緒に町内会費を集金しており、それを町内会に振り込む際に、振込手数料を差し引いて支払っている。それでは困るので、その理事長(町内会の組長)に、振込手数料を引かないで払ってくれと言ったら、「管理会社に任せている」と言う返事。で、管理会社に申し入れたら、「外部の業者には、手数料を差し引いて支払うことが、組合との取り決めなので、出来ない。」と言う答え。

町内会としては、困るので、「では、直接、集金に行くので、現金で支払ってください。」と言うと、今度は、「管理組合との契約で、管理会社は現金を取り扱わないことになっているため、それはできない。」

再び、町内会から、理事長(町内会の組長)に対して「組長から管理会社に指示して、振込手数料は差し引かないで振り込むよう指示して欲しい」と言うと、「管理会社がダメと言うものは、私ではどうにもできない」と言う返事。

町内会としては、所定の会費を払ってもらわないと困るのだが、どうしたら良いか?」

A:まずもって、この問題は、「町内会」と「管理組合」との問題ではありません。偶然、マンションが町内会の一つの「組」になっており、理事長が組長を兼ねているだけで、あくまで、「町内会」と「組」の問題です。

従って、町内会側は、組長に対して「町内会費を満額支払う義務があるので、振り込みでも集金でも持参でも、どれでも良いので、所定の金額を支払ってください。」と言うだけで良いです。

結論としては、これで終わり。

この町内会長さんも、マンションに住んでいるので、管理組合と管理会社の関係がわかっているゆえに、ご自身で直接、管理会社にも連絡されてしまったので、話が迷い道に入ってしまったわけです。

マンション建設当時に、近隣対策上、「全戸町内会に入ること」となり、組合設立当初から、町内会費を管理費と一緒に口座から自動振替し、一括して、支払っているマンションは少なくないと思います。

一方、管理会社は、管理組合との委託契約があっても、町内会の「組」との委託契約はありません。

あくまで、管理組合向けサービスの一環として、「ついで」にやっているだけです。

また、外部への支払いに関して、「振込手数料を差し引いて振り込む」と言う取り決めは、管理組合と管理会社との取り決めであったとしても、それは、管理会社が元請したり、斡旋で工事をするなどの場合であって、そもそも、管理組合と外部の事業者が直接契約した場合、その料金について、振込手数料を差し引くかどうかは、管理組合とその事業者との取り決めです。

管理会社は、管理組合から、「振込手数料を差し引かずに支払え」と指示したら、それに従わなければなりません。

話を聞いていると、このマンションは、「管理会社が一番偉い」と言う感じ。
でもって、フロント担当者は、町内会と管理組合と「組」との違いがわかっていないようですし、理事長は、管理組合と管理会社との関係がわかっていないようです。

町内会からの相談でしたが、逆に、このマンションをこのいびつな状態から救ってあげないと!と思った次第です。

ちなみに、そもそも、管理組合は町内会の「組」とは別個の組織なのだから、町内会費を扱うこと自体がおかしく、従って、振込手数料を負担することは、支出としては、不適切である、と言う理論や管理規約には、コミュニティ条項があるのだから、管理組合が振込手数料を負担しても問題ない、と言う理論等は、今回の議論の対象から外しております。念のため。

もし、この相談が、マンション側からのものであれば、「現実的には、管理組合が振込手数料を負担しても、住民からクレームは出ないでしょうが、理論上は「不適切な支出」だと言われることのないよう、総会の場で、町内会費の振り込みは、振込手数料を負担することを承認しておくことをお勧めします。」です。

【ブログ2864日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)



にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【クリックいただくとランキングが上がります

←【クリックいただくとランキングが上がります

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック