アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

昨日は、岐阜市内の築12年30戸規模のマンションで、修繕委員向けの大規模修繕に関する勉強会でした。
大規模修繕勉強会

時間は、講義が80分、質疑応答が40分。

当社の勉強会が長いのは、事前に建物の簡易劣化調査を行い、大規模修繕工事のアドバイスに必要な情報を集まることに加え、総会議案書や管理委託の重要事項説明書などを見せていただき、管理費会計や管理委託状況を含めて、マンション全体の財政状況や建物・設備の維持状況を分析して、アドバイスします。

と言うのは、大規模修繕工事の実施時期や工事内容・仕様(予算に直結)をプランするにおいては、次の5項目の内容を検討するべきだと考えているからです。

〇建物劣化状況
〇修繕積立金残高
〇修繕積立金の水準
〇長期修繕計画の精度
〇管理費会計の状況

今回のマンションの場合、建物の劣化は進んでおり、大規模修繕工事の実施準備時期。
しかし、それ以外の項目は、いずれも、すぐにでも見直さなければ、「いざ、大規模修繕工事」となっても、困る状態。

それを今まで、手を打ってこなかったのは、まさに、「管理の劣化」。

目に見える建物の劣化より、この「管理の劣化」の方が、実は、恐ろしいのです。

【ブログ2855日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)



にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【クリックいただくとランキングが上がります

←【クリックいただくとランキングが上がります

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック