アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

最近、毎日のように火災保険選定コンサルティングをしています。
多くのマンションで、管理会社自身が保険代理店なので、管理会社も、提案してきます。

で、管理会社の提案は、基本的に「従来と同条件」。

しかし、5年一括の保険がほとんどですから、「従来」は数年前に設定したもので、その時も、「従来と同条件」ですから(笑)、結局、新築時くらいまで遡ってしまいます。

また、提案するのは、基本が従来と同じ保険会社の商品。

結局、そのマンションにとって、「最もメリットのある保険なのかどうか?」ではなく、「最も手のかからない、すんなりいきそうな提案」を持ってくるわけです。

昨夜も、あるマンションで管理会社の提案書を見ましたが、まさにそれ。

管理会社の担当者は、会社の収益をあげるために、粛々と事務的に営業しているのだろうなぁと思うので、責めるのは可愛そうですが、管理組合側は、保険のことは良くわからないまま、管理会社の提案を鵜呑みにする寸前…(~_~;)

当方は、まず、そのマンションにとって最適だと思われる仕様を作り、それに基づいて、国内4大損保から見積を取り、比較表を作り、一番良い保険を選んでいただきます。

統一仕様を作っても、保険会社によって、各特約の支払い条件が違ったり、セットになっていて、外せなかったりと言う違いもあるので、理事会説明用の細かな比較表と総会議案用の大くくりの比較表の2種類を作成します。

当方のリクエストで、何度も何度も見積もりを作成しなければならない保険代理店も大変ですが、お客さまの幸せ実現のために!と言うことで、9月一杯は、オーバーヒート状態で頑張ってもらいます。

【ブログ2852日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)



にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【クリックいただくとランキングが上がります

←【クリックいただくとランキングが上がります

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック