アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

2日から始まった「関西スマートエネルギー2015」を見てきました。

次の4つの展示会が同時に開催されています。

第3回 [関西]太陽電池展
第3回 [関西]太陽光発電システム施工展
第2回 [関西]二次電池展
第1回 [関西]電力自由化 EXPO
関西スマートエネルギーウイーク2

「省エネ・創エネ」が全体のテーマですが、凄まじいビジネスのエネルギーが満ち溢れ、エネルギー会社のトップによる基調講演は、1000名以上の席が満席で、予約できなかった人数百名が、立ち見で2時間聴いているという状態。

出展社を見ると、以前に比べて、太陽光発電のパネルメーカーだけでなく、その架台のメーカーとか保守管理の専門会社も数十社。

電力会社によっては、太陽光発電だけで、日本の電力の10%を賄うほどの成長になっている現在、それだけ産業のすそ野が広がったと言うことでしょう。

また、蓄電池関連の出展社も多数。

こちらも、技術が進み、商品のラインナップが増えていると言うことの証です。

一方、電力自由化をテーマにした会社も多数出展。
来年の一般家庭の電力完自由化を契機に、盛り上がっているのかな?と思いきや、個別のブースで話を聞くと、メインターゲットは、500KW未満50KW以上の高圧需要家。

この需要家が、「電力を地域電力会社から買う」のが普通と言う感覚から、「他の電力会社や新電力会社から電気選べる」と言う感覚になることを見越している模様。

新電力会社になるという選択ではなく、いわゆる「電力ブローカー」として、営業面に特化したサービスを始めませんか?と言う「代理店」獲得を目指しているようです。

更に、驚いたのは、この展示会で、来年の東京・関西での展示会への出展申し込みを受付けていて、その小間割図が大きく掲示されていたのでのですが、東京は、今年よりも40%会場を拡大するにもかかわらず、すでに、ほとんどが予約済。
関西スマートエネルギーウイーク1


この小間販売戦略も良いアイディアだなと思いましたが、これができるのは、このビジネスが黎明期から成長期に入っているという確信があるからでしょう。

「マンションの省エネ」の分野では、相当な実績を積んできましたが、これから、更に、メニューを選べる時代が来ることは間違いなく、それに向けて、情報収集を行い、更に知見を増やして行かねば!と強く感じました。

この展示会は、金曜までやっているので、もう1日くらいは、じっくり見たいのですが、週末から来週に向けて、養成塾、アポイント、コンサルティングが連続しており、行けないのが残念。

【ブログ2850日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)



にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【クリックいただくとランキングが上がります

←【クリックいただくとランキングが上がります

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック