アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

大垣市で2棟合同の管理会社入札の結果、現在の管理会社以外の会社が選ばれました。

選ばれた会社は、プレゼン審査員10名のほとんどが1位にしており、最終的には満場一致で選ばれました。

住民の皆さんにとっては、非常に大きなイベントのハイライトが、このプレゼンなので、これが終わるとホッとされるのですが、コンサルタントの仕事は、まだまだ神経を使うところが大です。

管理会社は、基本的には国が示した「標準管理委託契約書」に準じていますので、それを各マンション用に書き換えます。書き換えると言っても、マンション名や住所などが違うだけですから、簡単です。

それはつまり、どのマンションでも、同じ管理だと言うことですが、当社の場合は、そのマンション特有の管理業務仕様をメリハリをつけて定めているので、従来の契約書から、かなり書き換えることになります。

で、そのチェックが大変(笑)

「いつもの調子でやってると、ダメ出しばっかりですよ」とあらかじめ、伝えてあっても、簡単には進みません。今回も、案の上、「案」として送ってもらった重要事項説明書も契約書も、ほとんど、従来どおり。

最初から、「こことここが大きく違います」と指導してしまうと、管理会社担当者の「腑に落ちない」ので、なるべく、個別に指摘せずに、投げ返すのですが、これ、忍耐勝負(笑)。

当社でさっさと修正したものを作成してもらう方が、うんと楽なのですが、この時点から、「このマンションは、他とは違う」と認識してもらうことが、大切なのです。

【ブログ2874日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック