FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 昨日のブログの続きです。
 このミーティングの参加者(「住民の幸せデザインプロジェクト」の受講者)は、管理会社の責任者・担当者、各再委託先(清掃や点検等)の責任者を合わせて7名。

Q:第1部 講義 「住民の幸せをデザインするマンション管理キャストに求められるもの」について

(1)役に立ったかどうかの評価を5点満点で教えてください。
 5点…5名、4点…2名 平均4.7点

(2)受講の中で、最も印象に残ったのは、どのような点ですか?
・「ハート」と「目線」
・「より良い管理」で組合も業者も喜びや幸せが生まれる。
・ピンチ(問題)は、チャンスだという考え方
・クレームはチャンスだと思え
・問題が起きた時には、まず、チャンスだと捉える。
・問題点の解決と考え方が参考になりました。
・ピンチをチャンスだと考えるプラス思考

(3)ご自分の仕事の中で、活かしたいことは、何ですか?
・プラス思考を繰り返し、相手の身になって考えること
・今回のことを日常清掃員や他の社員にも伝える。
・恋人に会いに来たような心で対応する心構えが大切だと、また、問題と見つけるのに住民の立場で見ることに心掛けたいと思います。
・今までとは目線を変えて業務を行うこと。
・組合様の大切なEVをお預かりしている(管理)させていただいているという気持ちをもって真心をもって保守メンテナンスを行う。
・クレームは改善につながる。嬉しく思え。
・自己責任。自分自身に原因があると考える。特に「依存型」の部下にこの考え方を伝え、指導して行きたいと思います。



 伝えたかったことの一つは、「問題は、誰にでも起きる。その問題をどう捉えるかで、その後の対応が全く違う。問題は、チャンスだと捉え、自立型思考で解決をはかれば、住民も自分も幸せになる」と言うことです。

 また、この考えを同じ会社の人たちにも伝えたい!と思ってもらえれば、それが「ほんとに伝わった」と言う証だと考えていましたが、そういう感想を頂けたので、嬉しかったですね。

 昨年、8か月に渡り、福島正伸先生の元で学んだ「自立型人材育成インストラクター養成講座」の成果だなぁと感じます。

 次回は、受講者全員が5点満点になるよう、内容を改善して行きます。

(次の質問に続く)

【ブログ2837日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)


にほんブログつもり<br />み村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

テーマ:よく生きる
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック