アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

昨日のマンション管理フェア二日目では、プロ向けの特別セミナーを開催。
管理士の仕事術

テーマは、
~コンサルティング13件同時進行中のマンション管理士が教える~
           「マンション管理士の仕事術」


 中電のベンチャー時代の挫折とV字回復の話。
 住宅コンサルタント時代の話。

 私がなぜマンション管理士を目指したか?

 最初の仕事をどうやって獲得したか?
 2番目の仕事で、何を学んだか?
 3番目の仕事は?

 私が、大規模修繕工事も、管理も、保険も、電気も、更には、各戸のリフォームや家計の相談まで、マンションの課題にすべて応えられるのはなぜか?

 13件同時にコンサルティングができる仕事のノウハウは?
 「コンサルタント」としての大切な姿勢は何か?

最後に、
「5年で100名の『活躍できるマンション管理士(マンション管理コンサルタント)』を養成する」ことを宣言しました。

今まで、このようなテーマで講演を行ったことはなく、何人の人が集まるだろうか、全く読めませんでしたが、開催寸前の段階で、10名の予約があり、当日は、関東方面からも参加者があり、合計で52名。

スタッフとの事前ミーティングでは、「30名を目標にするけれども、ホントに30名集まれば、奇跡だね(笑)…」と話していたので、期待をはるかに超える方に参加いただき、感激、いや、感動しました。

当然、私の熱の入り方は、MAX。(*^^)v

あっという間の1時間。

アンケートを見ると、マンション管理士として仕事をしたいと考えている人はもちろんいましたが、管理会社勤務の人、建設会社勤務の人、建築事務所の人、不動産業の方、組合の役員の方など、多種多様の人がおられ、こちらは、期待通り。

会場でお伝えした、4月末に行う続編の「活躍できるマンション管理士基礎講座」には、その場で8名の参加申し込みがあり、検討するという人も7名。

ちなみに、「5年で100名」は、全国での数ではありません。中部エリアだけで100名です。
「マンション管理士」だけで生業が成り立っている人が、数人?程度しかいないのに、何を無謀な「夢物語」を!と笑う人も少なくないでしょう。

しかし、私は、100名でも足りないと思っています。

中部エリアのマンション数は、統計はありませんが、恐らく1万~1万5千棟くらい。
100名のマンション管理士が、それぞれ20棟のマンションの顧問をしても、2000棟なので、まだ、救えるマンションは、わずか13~20%にしかなりません。

このセミナーに参加された人全部に、私の熱い想いが届いた!と信じます。

【ブログ2769日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

テーマ:よく生きる
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック