アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

昨夜は、このマンションの理事会で、管理会社変更の臨時総会議案の打合せでした。

25戸と言う小規模なマンションで、ここまでのコストダウンができることに驚かれる人もいるでしょう。

よほど品質や数量を落としたに違いない!と思われるかもしれません。

しかし、その様なことはありません。
当社の行う「管理の見直し」とはレベルダウン=価格ダウンをもたらすことではなく、そのマンションに最適な管理業務仕様を定めて、競争原理により、より安くより良い仕事をしてくれる管理委託会社とめぐり合わせることです。

仕様書にかける時間は、約半年です。

そのプロセスを記した総会議案資料は、なんと7ページもあります。

どれくらい理事会メンバーが努力を重ねてきたか!を知ってもらうのも、私の役目です。

また、管理の見直しとは、管理会社との管理委託契約金額を下げること以外にも、火災保険の見直しや共用部の電気代の削減なども含まれています。

その3点を合わせると、年間で約200万円、一人当たり8万円もコスト削減が実現できたということです。

これにより、修繕積積立金の値上げをしない、または抑えることができます。

「これでもかっ!と言うくらいにマンションに住む人を幸せにする」のが当社のミッションなのですが、このコストダウンをどうやって実現したのか?については、14日(土)のセミナー「マンション管理士の仕事術」でお話ししますね!

【ブログ2764日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

テーマ:よく生きる
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
なにをどう削減したのか
ここが大事

管理業務内容は大体似たりよったりでしょうから

業務のここを見直しこのようにしたを具体的に書かなければ

それが記載無ければ自己満足でしょう


ただ200万円削減しましたでは誰でもかける宣伝でしょうね

2015/03/10(Tue) 06:34 | URL | 裏方理事長8回目 | 【編集
裏方理事長8回目さん

コメントありがとうございます。
着信のメールがオフになっており、気づくのが遅れました。

管理委託費の削減は、仕様を適正化して、従来より品質を維持又は上げて、競争入札によりコストを削減します。

一つ一つの管理項目を全部調査・分析しており、数か月間の仕事となり、総会説明資料となると、その解説には、数十ページになります。

ブログとして表現できるのは、そのうちの一部で、削減額を中心に書くこともあれば、プロセスを書くこともありますので、また、そんな記事の時に、コメントを下さいませ。
2015/03/31(Tue) 16:11 | URL | 馬渕@しあわせデザイン | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック