アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

昨日の続き。

植栽の現状復旧費。

これも見積もりには入っておらず、復旧にかかる費用を最終試算すると言うもの。

植栽には、足場が掛かりますし、外壁洗浄を行った際に、汚れのひどいところを洗う際は、酸を使うため、植栽にかかれば、枯れてしまいます。それどころから、土壌を全部替えないといけないケースも出てきます。

これが、「かかっただけ、請求します」と言う見積ならば、現場の職人さんにとっては、「出来る限りダメージを与えないようにやる」と言うモチベーションは働きません。

この点を指摘すると、「丁寧にやるよう指導しますから」と言うのが建設会社の返事。

しかし、足場や外壁補修の職人さんにとっては、自分の仕事を時間内に行うのが仕事ですから、植栽への配慮は二の次になることは、明白。

見積に合理的な「現状復旧費」を定めて、その範囲内にやらねば、足が出る!と言う状態を作らない限りは、ずかずかと植栽に踏み入ることになるでしょう。

そもそも、住民にとって、植栽外観は大切な財産ですから、こ点に関しては、管理会社から指摘するべきだと思いますが、管理会社とひも付きの会社が建設工事を行うと、そういう牽制が行われないのだろうか?とちょっと悲しくなりました。

結局、この会社の見積は、建設会社にとって、極めて都合の良い、儲かる見積もりになっているわけですが、これは、会社の利益を考える側からすれば、当たり前のことで、法律違反ではありません。

マンション側に、知識がなく、建設会社や管理会社から、「他でもこんなものですよ」と言われ、「交渉負け」をしているだけだとも言えます。

自分たちの財産を守るためには、マンション住民側が賢くならねばなりません!

【ブログ2753日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック