アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

中部電力は、昨年5月に家庭用の電気料金を改定(値上げ)しました。

その時の公式発表は、平均3.77%の値上げ。
私は、この時、実質的には、10%以上の値上げですよ!と書きました。

理由は、その時の燃料費調整制度に基づく、最新の単価を元に、値上げ幅を表示していることを一つの理由に挙げました。

その後、その時点よりも、燃料調整単価が下がっていれば、値上げの影響も緩和されるのですが、実際に、ここ1年の推移を見ると、下表の通り、毎月プラス側に働いており、一度も、マイナス(減額)になっていません。

それどころか、来月は、久しぶりの1円台!
これ、新しい単価においても、4.1~5.6%の値上げになります。

5月 0.69円/kWh
6月 0.78円/kWh
7月 0.73円/kWh
8月 0.64円/kWh
9月 0.50円/kWh
10月0.32円/kWh
11月0.23円/kWh
12月0.18円/kWh
1月0.34円/kWh
2月0.69円/kWh
3月1.17円/kWh

これが、どんなことをもたらすか?
もちろん、各家庭において、電気代が上がるのですが、マンションにとってみると、大変なことになります。

それが、私の言う「マンションを襲う電気料金の27年春ショック!?」
明日は、具体的なマンションの実例で、お話ししましょう。

【ブログ2740日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック