アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

昨年来、マンション共用部の火災保険コンサルティングが続いており、今日も、2つのマンションの保険提案書作り。

分析・比較・提案のノウハウは、より一層洗練されたという自信はあるのですが、やるたびに、テクニックだけでは解決できない、いくつものポイントがあるなぁと感じます。

「火災保険は、どこも同じ、あるいは、似たようなもの」と思われている人は多いと思いますが、そもそも、保険会社によって、建物評価額も異なります。

それを説明するだけで、驚く人も多い。

細かく見れば、マンションの立地、ハザードマップ、形状、仕様、付帯設備や機器設備、人の動線設計など、保険を決める要素は、いくつもあります。

しかし、細かくし過ぎても、専門知識のない住民にとっては、かえって迷うばかり。

管理組合として、どこまでの保険を求めるのか?と言う「住民文化」を見極めて、仕様(条件)を統一し、同一または類似条件で、保険商品を選定することが最も大切です。

「保険代理店なので、管理会社に任せてください」と言う管理会社も少なくないですが、今まで、「任せる」に足りる提案がなされている議案を見たことは、一度もないですね。

一番多いのは、自社が代理店になっている保険会社から出された保険見積書を、そのまま出すパターン。

代理店手数料(管理会社の売上)が一番高い会社の商品を選んだのではないのか?と疑念が生じる提案書もいくつも見ました。

コンサルティング中の16戸の小規模マンションでも、比較すれば、保険料は、保険会社間で5万円/5年間の違いが出ますし、保険内容を適正化することで、保険料は、20万円/5年間も安くなります。

一方、「管理会社が保険代理店だから、保険金の支払い交渉が有利になる」と言う管理会社の担当者がいますが、それはおかしいです。

管理委託契約において、保険請求の手続きは管理会社が行うことになっており、正しく手続きすれば、正しく保険が出るのは当たり前で、管理会社が保険代理店であるかないかに関係なく、「管理組合の代理」として、やるべきことをやれば良いのです。

そして、もし、動きの悪い保険代理店がいれば、管理組合に代わって、「しっかりやれ!ちゃんと満額保険金が出るように交渉せい!」とはっぱをかけるのが管理会社に求められる役目でしょう。

管理会社は、「保険会社の代理店」ではなく、「管理組合の代理」としての役目に徹するべきだと思います。

【ブログ2717日連続更新中】
(ただし、二日分を一日で書いたり、翌日に前日分を書いたケース等も含んだ更新日付の連続)

 
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック