アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

東海地方は、「今年一番、真冬並みの寒さ」と予報されている今日、一宮市で25戸のマンションの管理委託業務入札のための現地調査です。
マンション調査

しかも、雨。

総合管理会社、専門事業者合わせて約20社の参加があります。

こちらは、受付用の机・いす・受付簿・図面・名刺受・張り紙・ドアオープンのためのストッパー等いつもの7つ道具に加えて、冬装備として、電気ファンヒーター・ひざ掛けを用意。

もちろん、上下とも、ヒートテックのインナー(笑)

管理会社の入札は、管理組合が自分たちで行うとしたら、恐らく、数社にしか声をかけらえないと思いますが、当社の入札は、管理組合の最大利益のために、出来る限り多数の会社に門戸を開き、詳細な仕様書に沿った仕事のできる最も良い会社を選びます。

さらに、専門事業者も個別に入札をしてもらい、管理会社の再委託先と入替と言う仕組みもあります。1次見積提出の後には、個別面接をして、見積書や提案書の中身を確認し、VE交渉(価値を下げずに、価格を下げる交渉)も行いますから、入札する会社が増えるほど、手間は増えます。

管理会社側も、競争相手が多いことは承知ですが、毎回、多くの会社が入札に応じてくれます。

恐らく、当社が、特定の管理会社との癒着も談合も100%ない!と言うことを知っているのと、入札結果や審査プロセスについて、かなり丁寧なフィードバックを行い、次回以降の入札に役立つ情報を提供していることが、入札会社が減らない理由だろうと思います。

ちなみに、他のマンションで、入札により、変更された側の管理会社も、この入札に参加いただいています。当社が、自社のコンサルティングを良く見せようと、管理会社を悪者に仕立て上げているのではないことをわかっていただいているからだろうと思います。

目的は、管理組合と住民の皆さんを幸せにすること…そのための管理会社選びです。

【ブログ2680 日連続更新中】
(ただし、二日分を一日で書いたり、翌日に前日分を書いたケース等も含んで、更新日付の連続)

 
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック