アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

「羽生結弦選手の決断は正しかったか?」と言う論説が、熱い。

私は、丁度、その場面をテレビで見ていたので、アナウンサーや解説者、あるいは、松岡修三の熱い叫びなんかも、直接、耳にしました。

テレビ放映中なので、何らかのコメントをしなければならない立場の人にとっては、「滑るべきか?棄権すべきか?」を発言しないわけには行けない場面だったのだと思いますが、黙って見守って欲しかった・・・と言うのが、率直な感想。

で、アクシデントのすぐ後は、「棄権すべきだ」
滑り切った後は、「後々まで語り継がれる場面」

確かに、何度も転倒しながらも演技時間を滑り切った羽生結弦選手は、すごかった。
でも、途中で棄権しても良かった。

それを他人が評価した瞬間に、どのような言葉も、「陳腐」に聞こえてしまう・・・。

思うに、一番素晴らしかったのは、「出ること、または棄権すること」を他の人の意見に従ったのではなく、羽生結弦選手自身が決めたこと。

自分のビジネスでも、極限になればなるほど、最後は、自分で決める!決めたことの責任は、自分で取るという強さが、人生を切り開いて行く。

羽生結弦選手が「自分で決めたことの強さ」にエールを送りたい。

【ブログ2689日連続更新中】
ただし、二日分を一日で書いたり、翌日に前日分を書いたケース等も含んで、更新日付の連続)

 
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

テーマ:よく生きる
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック