アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

大規模修繕工事の入札が2棟、ほぼ同時に始まります。
当社のコンサルティングは、MACM方式と言う独自の方法。

MACMとは、「マンション管理士によるコンストラクションマネジメント」の略です。

いわゆる設計事務所と同じように第3者(マンション管理士)による「設計」と「施工のチェック」を行うのですが、それは、管理組合の代行業と言うポジション。

管理組合・管理組合にも一定の役割を担ってもらい、施工会社との二重業務を避けて、リーズナブルだけれども、きちんと進捗管理やチェックができる仕組みです。

例えば、建物調査アンケートは、理事(修繕委員)に送って、配布・回収(回収催促)を行ってもらいます。

修繕に関する理事会(修繕委員会)の議事録は、管理会社に作成してもらい、それを当社がチェックします。

これ、非常に合理的です。

だって、当社のスタッフが、マンションまで出かけて行き、アンケートをポスティングすれば、往復時間を入れて、半日。交通費も入れたら、それだけで、それなりの報酬が生じますが、これ、全く同じ仕事を組合側にやってもらっても、業務品質は変わらず、無料です。

つまり、この分は、コンサルティングコストが下がります。

こんな項目を積み上げると、案外、専門性の低い仕事を切り分けて、組合側にやっていただいたり、管理会社業務の範疇として協力いただくことで、随分とコストが下がりますね。

同じ考えで、施工会社の現場代理人を最大限活用することで、進捗管理や施工チェックもかなり合理化できます。

施工会社も、元々、社内検査がありますから、その検査品質を上げてもらった上で、当社の組合代行チェックを行えば、ダブルチェック・トリプルチェックができます。

当社側も、入札の時から、いかに、施工会社にわかりやすく、入札コストがかからないようにすることも、大切。

もう、十分、こなれたはずの各種依頼文書ですが、毎回の入札ごとに、少しずつ改善するところが見つかります。

MACM方式が、完成された仕組みだと思わずに、常に改善するのだ!と言う姿勢は、決して忘れません。

今回も、住民の皆さんも入札する施工会社さんも、幸せになるよう、より良い入札を目指して、尽力します!

【ブログ2659日連続更新中】
(ただし、二日分を一日で書いたり、翌日に前日分を書いたケース等も含んで、更新日付の連続)

 
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック