アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

新潟県加茂市で8月、自転車に乗った中学生が自動車事故により、死亡する事故があり、小池清彦市長(77)が、10月1日に、市内の小中学生の親と子供全員あてに、「自転車の事故を完全になくするために」にと言う文書を配布しました。
 これが、マスコミに取り上げられ、「‟なるべく自転車に乗らないように”と呼び掛ける文書を配布したところ、市役所には、疑問の声などが寄せられている」と報道されました。

それが、テレビのニュースでも取り上げられたので、ホントかな?とネットで調べたところ、間違ってはいないけれど、マスコミ特有の「煽り」要素がかなり強い報道だなぁと感じました。

正確には、「自転車の事故を完全になくするために」と呼びかけたのであって、市長は、「事故に合わないための一番の手段は、自転車に乗らないこと。乗る場合は、次のことに気を付けよう」と書いてあります。

これを「なるべく自転車に乗らないように呼びかけた」と言う点だけを強調して報道するのか、「市長自らが自転車の事故に合わないように呼びかけた」と報道するのかで、かなり印象が違います。

具体的な配布文書は、こちらです。
自転車01 自転車02 自転車03 自転車04


文書の全文は次の通り。

平成26年10月 1日
保護者の皆様へ
加茂市長 小 池 清 彦

自転車の事故を完全になくするために

先日、加茂市内で、自転車に乗っていた中学生が自動車にはねられて死亡された、いたましい事故がありました。
私達は、自転車の事故を完全になくするために、全力を挙げなければなりません。
自動車がたくさん通る中で、自転車に乗ることは、きわめて危険であることは、誰もが認めることであります。
私も、若い頃は、自転車をこの上なく愛用し、サイクリングを楽しんでおりましたが、当時は、自動車はあまり通らない時代でございました。
しかし、自動車がきわめて多く、ひんぱんに通るようになった、現在においては、私はとても危険なので、自転車に乗る気になれず、自転車の運転をやめざるをえなくなっております。
そこで、小中学生のいたましい自転車の事故を完全になくするための一番の方策は、なるべく自転車に乗らないようにすることであると私は思います。
つきましては、このたび別紙の文書を小中学生の皆様に差し上げた次第でございます。

文書には、なるべく自転車に乗らない方がよいと思うという私の思いと、どうしても自転車に乗らなければならないときは、必ずヘルメットを着用するよう心がけること等の大切なことを書かせていただきました。

皆様におかれましては、私の切なる思いを御理解下さいまして、皆様のこの上なく大切な御子様を十分に指導され、しっかりとお守りして行って下さいますよう、衷心よりお願い申し上げます。



別 紙

平成26年10月 1日
小学生・中学生の皆さんへ
加茂市長 小 池 清 彦

自転車の事故を完全になくするために

先日、加茂市内で、自転車に乗っていた中学生が自動車にはねられて死亡された、いたましい事故がありました。
私達は、自転車の事故を完全になくするために、一人ひとりが精一杯気を付けなければなりません。
1 自動車がたくさん通る中で、自転車に乗ることは、きわめて危険であることは、誰もが認めることです。
2 自転車には、なるべく乗らないようにするのがよいと思います。
3 そして、なるべく徒歩かバス等を利用するのがよいと思います。
4 どうしても自転車に乗らなければならないときは、
(1) 必ずヘルメットを着用するよう心がけて下さい。
(2) 自動車がひんぱんに通る道へは、なるべく出ないように心がけましょう。
(3) 先生や保護者の方々の御指導に従って、交通ルールをよく守って下さい。
(4)歩道を通ってもよいことになっているところは、歩道を通って下さい。



私も、中電ベンチャー時代に、新聞取材で、一部の発言だけピックアップされ、趣旨が曲がって報道され、それが元で中電の本社から責められた苦い経験があります。

マスコミの報道には、記事を書いた人の価値観、編集長の価値観、売れるための要素が織り込まれているという「2次情報(加工された情報)」だという前提で読まないといけないですね。

それには、「1次情報」に当たることが一番です。

今回、加茂市長の一番言いたかったことは、「自転車事故を無くしたいという想い」です。

子供の感覚に照らし合わせれば、まず、「自転車に乗らないこと」を持ってきて、「どうしても乗りたければ、こういうことに気を付けなさい!」と言う方が、インパクトがあると考えらえたのかもしれません。

しかし、それが手段だと言うならば、子供の方から、「大人が自動車に乗らないこと」が一番でしょ!と言われるかも(笑)

既に、当たり前に広まっていることを「止めましょう」と言うのではなく、それがあるという前提で、解決策を考えて欲しいものです。

行政の長であれば、「学校で、自転車の乗り方のルールを徹底する]」とか、「自転車専用レーン」を設けるとか…

そういう意味では、今回の報道は、問題点の本質はついていると思うので、NGではないのですが、本当に子供の自転車事故をなくしたいなら、子供に自転車に乗るな!と言うような、あなた任せの対策ではなく、本気で、あらゆる方法を考えて、実行して欲しいものです。

【ブログ2655日連続更新中】
(ただし、二日分を一日で書いたり、翌日に前日分を書いたケース等も含んで、更新日付の連続)

 
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック