アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

昨日のブログで、平成26年3月末の時点で、スマートマンション化の助成金申請数は、全国で941棟107,895戸であり、その内訳を紹介しましたが、経済産業省が発表しているグラフを掲載します。

最初のグラフは、新築・既築の割合と1棟あたりの戸数。

新築が28.6%、既築が71.4%。50戸以下が17.3%、51戸から100戸が45.0%で、100戸以下が全体の6割を超えています。

スマートマンション普及1


これ、どちらも、当初予想であった「新築が多いだろう、大規模マンションが多いだろう」とは、異なっています。

また、全国的に見ると、関東・関西エリアだけで、93%を占めています。
スマートマンション普及2


中部エリアは、この5月の電気料金の値上げもあり、これから、既築マンションの皆さんの関心高まることが予想されますね。

【ブログ2595日連続更新中】
(ただし、二日分を一日で書いたり、翌日に前日分を書いたケース等も含んで、更新日付の連続)

 
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック