FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

平成26年3月末の時点で、スマートマンション化の助成金申請数は、全国で941棟107,895戸です。

その内訳は、新築が28.6%、既築が71.4%。
1棟あたりの戸数では、50戸以下が17.3%、51戸から100戸が45.0%となっています。

これ、どちらも、当初予想であった「新築が多いだろう、大規模マンションが多いだろう」とは、異なっています。

また、全国的に見ると、関東・関西エリアだけで、93%を占めています。

この統計を見ると、スマートマンション化ができる既築マンションは、名古屋エリアにおいて、ほぼ「手つかず」で残っているような状態ですね。

また、中小規模マンションで最も大きな課題であった「キュービクル」(変圧器)の設置について、この5月に、経済産業省からの指導で、電力会社所有のトランス(柱状変圧器)の譲渡が許容されるようになったことで、導入ハードルが大きく下がる見込みです。

ただし、ここで注意しなければならないのは、マンションの建築・設備状況、電気通信インフラ状況により、A社ではできるがB社ではできないというケースがあり得るということ。

管理会社は、この分野の経験はないので、フロント担当者に聞いても、的確なアドバイスを期待するのは、難しいでしょう。

したがって、本当は、導入できるのに、相談した相手により「このマンションではできません」と言う回答となり、あきらめてしまうということになりかねないということです。

そうならないよう、中部スマートマンション推進協議会にご相談くださいね!

【ブログ2594日連続更新中】
(ただし、二日分を一日で書いたり、翌日に前日分を書いたケース等も含んで、更新日付の連続)

 
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック