アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2513日連続更新中】

 タイトルを見て、「太陽光発電のこと?」と思われた方、残念ながら、違います。

 NTT等の光回線・インターネット設備の電気代のことで、多くの場合、NTTがマンションに支払っています。

 共用部にある交換機みたいなもの、その熱を冷ますファンなどは、NTT等のサービスを使ってもらうために、設置しており、その機器が消費する電力なので、NTT等が負担しているわけです。

 これは、設置時に「いくら払います」と言う契約を結んでおり、毎年の組合の収支報告に記載されているのですが、それをはっきり認識している人は、少ないでしょう。

 仮に知っていても、その電気代の算出根拠とか契約がどうなっているのかは、知らないでしょう。

 そもそも、当社のコンサルティング・顧問先マンションの多くで、契約書が見つかりません(苦笑)

 が、私には、電力料金の知識がたっぷりあるので、そこは見逃しません。

 現在、コンサルティング・顧問先のマンションごとにこの契約を確認し、電気料金負担金の改定(値上げ)交渉を行っています。

 供給元としては、一律の扱いにしたいところですし、管理会社に任せておいては、電気料金の知識は、まずないでしょうから、その扱いに従うことになるでしょうね。

 しかし、実際は、マンションによって、電気契約や使用量が異なりますから、交渉力のあるマンションだけは、個別の交渉に応じざるを得ないはずです。

と言うことで、当社のコンサルティング・顧問先のマンションだけは、各マンションの契約書を見て、きちんと交渉して、損のないよう、否、できる限り得をするよう(笑)、交渉しております。


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック