アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2497日連続更新中】

  この土日は、新しく大規模修繕工事のコンサルティングを依頼したいという組合への勉強会、これまで1年間にわたり管理見直しコンサルティングを行ってきた組合の新管理会社の元での定期総会、顧問契約先のマンションの1年点検の同行と、全く性格の異なる業務でした。

 現在、10以上のマンションのコンサルと顧問を抱えているので、常に「TODOリスト」を更新し、スケジュールに個々の組合のために使う時間を入れていますが、突発的な相談も、もちろんあり、予定通りに行かないのは当然。

 その分を見越して、時間配分をしているのですが、自分の中で、「この仕事はこれくらいの時間が必要」という目論見を付けて、時間配分をしており、経験上、それが大きくずれることは少ないのですが、時々、資料作成の段階で、新たな問題が見つかったり、「こうしたら、組合のメリットが増えるのでは?」と言う新しいアイディアが見つかり、予定時間を大幅に超えることもあります。

 そうなると、「ここまで作りこんだものを提示すれば、クライアントの喜びも大きくなるだろう」と自分が納得するまで、エンドレス(笑)

 先週末は、まさに、それが重なって、気づいたら、事務所で朝日が差し込んできました。

 朝、6時くらいに資料を鞄に入れて、地下鉄のホームに立つと、立っているだけでは、そのまま眠りそうなので、人が少ないのをいいことに、片足2キロのアンクルウエイトを付けたまま、その場で足踏み。(笑)

 電車の中も、座ると、乗り過ごしそうなので、立ったまま足踏み。(笑)

 無事、自宅までたどり着き、入浴して、そこから、睡眠3時間で、完全復活!
 すべての業務で、シャキッと、パワフルにコンサルティングできたのではないかな(笑)

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

テーマ:ひとりごと
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック