アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2488日連続更新中】

 昨日、中部電力の値上げの具体的な内容が発表されましたが、実は、値上げと同時に、契約真ニューの変更も発表されています。

 個人住宅にとって、一番目立つのは、「ピークシフト電灯」でしょう。

 これは、夏(7~9月)の午後1時から4時までの間の単価が、それ以外の昼間単価の2倍程度になるというもの。その分、一般的従量電灯の単価より安くなります。

 一般家庭では、この時間帯に照明は使わないでしょうから、「我が家は夏にエアコンを使わない」と決めて、このメニューを選ぶと安くなる?

 もうひとつの注目点が、Eライフプランの条件変更。

 今まで、夜間蓄熱機器(エコキュード等)がなければ、このメニューが適用されず、また、オール電化のみが割引となっていたものが、そのどちらも適用されなくなります。

 このメニューは、中電のオール電化普及のために、ガス併用住宅よりも、光熱費が安いとPRする際の目玉でした。

 電気が足りなくなるかも?という懸念や省エネの社会にするために、「オール電化」を普及させるようなメニューは、NGだと言うことです。

 電気料金の原価算定においても、オール電化の普及に関する広告費は、原価から除外されています。

 また、従量電灯の3段階目の単価がグッと高くなってことも、特徴。

 ただ、これらの変更は、実は、マンションの共用部の電気にとっては、安くなる契約を選ぶ範囲が広がったことになりますし、高圧一括受電のメリットが、より高まる可能性もあります。

 その試算式・シミュレーションを作るのは、かなり大変ですが、日本一のマンション省エネコンサルタントを目指す身としては、醍醐味がありますね。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック