アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2477日連続更新中】

 今日、岐阜の中津川市に本社を置く「株式会社中央物産」の方が、私がマートマンションに関して取材を受けた新聞記事を読まれて、当社を訪ねてこられ、スマートマンションへの蓄電池導入について、意見交換をしました。

 現在、スマートマンションの必要条件の中に、蓄電池は含まれていませんが、「省エネ」や「電力のピークシフト・ピークカット」を行うという趣旨から、スマートマンション評価制度にある「創蓄連携」項目にあてはまっており、太陽光発電と並んで、蓄電池も、プレイヤーの一人になります。

 ただ、現実的には、太陽光発電を備えるスマートマンションは、いくつも出てきていますが、蓄電池を備えたマンションは、私自身は、知りません。

 防災に強いマンションという点で、非常用発電ができるマンションはありますが、それは、ガソリンで回す発電機があるというもので、蓄電池ではありません。

 私も、「大地震・計画停電に負けないマンション」というテーマで書いた冊子で、蓄電池導入を提唱したことはありますが、実現に至ったマンションはないですね。

 というのは、太陽光発電は、投資に対して、8年程度で回収が可能で、その後、利益を生み出すのに対して、蓄電池は、投資対効果が低く、機能的にピークシフトやピークカットができるとしても、マンションの財政上、投資する対象になりにくいのです。

 したがって、蓄電池を話題にするときは、「災害対策」という面からの取り上げ方がもっぱらでした。

 しかし、今日の中央物産の話を聞いて、考え方が変わりました。

 というのは、同社の実証実験により、電気代の安い夜間に蓄熱して、昼間の安い電気を使うというシフト機能だけではなく、動力機器の始動電力を抑えて、基本料金を下げる機能があり、そのコスト削減効果によれば、8年程度で投資回収ができるというのです。

 となれば、一定規模以上で、共用部のエアコンがあるようなマンションであれば、蓄電池の導入メリットがありそうです。

 今後、同社と一緒に検討していきましょう!と盛り上がり、またまたスマートマンションの可能性が広がりそうです。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック