アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2466日連続更新中】

 家族全員が携帯電話のキャリアをドコモからauに変えた後、高校生の次女の使用制限サイトを使いまいした。

 以前は、ドコモショップで、18歳未満なので、制限を付けておきますか?と聞かれ、お願いしたので、サービスが悪いなぁと思ったのですが、それは間違い。

 実際は、ワイフがサイトに入り、設定をしてくれたのですが、聞くところによると、単に危ないサイトを制限するだけではなく、時間帯の制限もできるし、ネットにつながるアプリ(SNSやゲーム等)の時間帯制限もできるとのこと。

 たとえば、「23時以降は、ラインやツイッターは禁止!」と言うことが出来るわけです。

 その設定も、「何時から何時まで」と言うことが細かくできるそうですから、例えば、20時~22時までは、勉強に集中する時間だから、すべての機能を停止させることも可能だそうです。

 子供からしてみれば、何もかも禁止だと、緊急の連絡の時、困る!と言う抵抗がありそうですが、私からすれば、「たかが高校生が、2時間くらい音信不通になって困る事はない!」

 そう言うと、「友達なくしちゃうじゃん!」と反論(笑)

 私「そんな程度でなくす友達なら、付き合うのをやめとけ!」
 「友達に、我が家のルールを伝えておけば、良いこと」
 
 我が家の場合、教育方針は、「子供の自主性は大切にするが、子供自身の経験上、理解できない基準は、強制するのが親の役目」なので、容赦はありません。

 そう言う点で言うと、auの子供安心サービスは、かなり優れているのですが、物足りない点もあります。

 たとえば、「23時以降はライン禁止」にすると、23時まではできるだけ使いたいと言う気持ちになってしまい、却って、
 「だって、23時までしか使えないじゃん!」と、絶好の使う理由になってしまいます。

 それで、考えた理想の制限方式が次の通り。

 それは、「1日で使える時間帯」&「総使用時間」のダブルで制限すること。

 そうすれば、どう使うか?ということを考えるので、良いことだと思いますが、いかがでしょうか?

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック