アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2460日連続更新中】

 読売新聞社から、「太陽光発電の特集を組むので、コメンテーターとしてインタビューさせてもらえないか?」と言う打診を頂きました。

 私は、戸建住宅のコンサルティグをしている時も、マンションに特化した現在も、省エネな暮らしをコンサルティングしてはいますが、「太陽光発電の専門家」と言うスタイルではありませんでしたので、何故?と言うのが最初の感想。

 ただ、現在のマンションの管理見直しコンサルティングでは、マンション財政の健全化や改善のために、いつもセットで話すのが、「管理費削減・無駄の削減・日常修繕工事の削減・電気料金の削減」と言うコストダウンをした後は、投資として太陽光発電を考えましょう!!と言うこと。

「電気代の削減」は、共用部の電気料金の場合と各戸までトータルの電気代を削減するスマートマンションまで、バリエーションは様々であり、ほとんど無料でできるものから、「投資」に値するものまであります。

 これらのコストダウンによって、毎年数十万円から数百万円のお金が浮きますので、修繕積立金にシフトして、将来に備えるだけでなく、今度は、「お金を増やす」投資を考えましょうと言うことです。

 その代表が、「太陽光発電」と言う訳です。

 マンションの屋根は、影が出来ないと言う点では「太陽光発電適地」です。
 また、大型の太陽光発電になりますから、仮に災害が起こった際には、地域の防災拠点の電源としても使えます。

 こんなころを普段から言っているので、「白羽の矢」(?)が立ったと言うことです。
 ほかに、元、電力会社社員と言うこともあるかもしれません。(笑)

 来週、インタビューがあり、月末に見開き2面(その中でどれくらいの紙面に登場するのかは、わかりません(笑))で写真付きで掲載されるそうです。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック