アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2428日連続更新中】

 住宅金融支援機構から、この2月のフラット35(借入期間が21年以上35年以下のタイプ)が、過去最低金利を更新したと発表がありました。

 その利幅は、1.79%~2.5%で、これまで、最低だった1.8%を下回りました。

 住宅ローンの金利は、10年ものの国債に連動すると言われており、アベノミクスにより、物価も金利も上昇すると言われていたのですが、これは、どう言うことでしょうか?

 消費税増税で、4月以降、住宅取得に大幅なブレーキがかかると言われていましたが、戸建住宅取得のコンサルティングをしていた時代から述べていたたように、取得時の消費税が3%上がることより、30年もの間、返済し続けるローン金利の方が、家計の負担という点では、ずっと影響が大きいのです。

 最近は、マンション専門なので、この方面のリサーチはあまりしていませんが、消費税増税のリバウンドを避けたいと言う国の政策の元、低く抑えられているのかもしれません。

 いずれにしても、増税で慌てて住宅取得に走るより、キチンと時間を掛けて、ホントに必要な、ホントに欲しい住まいを手に入れるために、十分な時間を使い、最後は、金利動向を見極めて購入する方が良いと言うのは、今も私の意見です。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック