アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2421日連続更新中】

 管理見直しにより、管理会社が変わり、管理費が大幅にコストダウンした後で、時々、そのマンションの住民の方から、「管理会社が変わったのに、毎月引き落とされる管理費が変わっていないのは何故か?」と問合せを頂くことがあります。

管理費(管理費、駐車場代、修繕積立金)=各戸が毎月、組合に支払うお金
管理業務委託費=組合が管理会社に支払うお金
です。

この質問をされる方は、上記二つを混同、あるいは自動的にリンクするものと、勘違いされているのですね。

管理会社に毎月支払う管理業務委託費は、削減されています。
各戸が毎月管理組合に納める管理費は、従来通りです。

管理会社に支払う委託費が減ったことで、管理組合に残るお金が増えます。
その結果、消費税が上がっても、管理費などは値上げされませんし、将来、修繕積立金の値上げが予定されていても、それも実施する必要がなくなります。

つまり、管理見直しコンサルティングによるコストダウンにより、組合員の負担を増やすことなく、将来に向けた組合財政が健全になっています。

総会においても、各戸の管理費については触れませんし、管理業務委託費の削減内容を反映した長期修繕計画を示します。

簡単に言えば、この管理見直しを行わなければ、管理費や修繕積立金を値上げする必要があったのが、それがなくなったので、コストダウン分は、組合員に還元されていると考えると、わかりやすいと思います。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック