アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【ブログ2411日連続更新中】

 昨日は、四日市の40戸のマンションで管理問題検討理事会の慰労会でした。

昨年5月からコンサルティングを開始し、最初は、火災保険の見直し。

防犯カメラの更新と強化。

管理委託契約の調査とマンションにジャストフィットした管理業務委託仕様の設定。

その過程で、現管理管理会社で対応可能な変更を即座に着手し、最初のコストダウン。
それによって、当初予定していた新管理体制の発足までに、50万円以上のコスト削減に成功。

そして入札。

結果的には、現管理会社が、フロント担当者を事業所責任者に替え、業務推進体制を強化した上で、年間で200万円以上のコストダウン額を提示して、決まりました。

管理会社側も、従来と同じ業務仕様であれば、これほど大幅なコストダウンを提示できないのですが、弊社の方式は、そのマンションにふさわしい、メリハリの利いた管理業務仕様を作成し、下請け業者の入れ替えも促すので、躊躇なく新価格を提示出来ます。

「安かろう悪かろうではない」「過去の金額は、ぼったくり価格ではない」という理由が立つのです。

 一方、組合側の管理問題検討理事会は、理事会メンバーに加え、5名の委員が加わり、毎月1~2回の2時間程度のミーティング。プレゼン時には、半日掛けて、検討しました。

 とりわけ、この問題を定義した前理事長が熱心で、委員も普段の総会出席状況や発言等から、これは!という人に声をかけて下さいました。

 その甲斐があって、ここまで来ました。

 そこで、新年会&慰労会をしましょうと呼び掛けて、実現しました。

 また、これには別の狙いもあります。

 同じマンションに住んていても、男性陣は、一緒に飲むということも、まずありません。

 ご婦人との交流も、まずない。

 これでは、いざという時に、助けあうことが出来ません。
 同じ話題で盛り上がることのできる、こうした機会に、良好なコミュニティ形成をはかることが、大切だと思うので、企画するのです。

 慰労会は、期待通り、大いに盛り上がりました。

 このマンションでは、引き続き、電力高圧一括化や太陽光発電の検討を行いますし、次の総会を開始日とする顧問契約締結も内定しました。

顧問として、新しい仕様での管理委託業務がスムーズ実施されるよう業務監査を行ったり、管理規約の改正等、幸せなマンションライフの実現のために、一層尽力します。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【年間TOP5入り!

←【年間全国1位獲得!

テーマ:生き方
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック